うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

アフタヌーン新書「オタク成金」を読む

「オタク成金」を読む。あかほりさとる氏の語りをノンフィクションライター
天野由貴女史が書く新書です。あかほりさとる氏自身が書下ろす事も
考えたそうですが、一般の人々に向けての「新書」なのだから、自分は
一歩引くべきだ。というか、真面目に書いても話が通じないだろう・・・と
いう事で、講談社側に「通訳」を求めたら、オタク的素養がない天野女史
が派遣されてきたという経緯もあって始まるのは・・・

「あかほりさとる列伝」

この新書の半分は「いかにして仕事にありつき、のし上がっていったか」
となっていて、稼いだ金でキャバクラ通い。
「この店のドンペリ全部持って来い!!」もやった事があるといい、
1軒で140~150万円使った事もあるとか、この業界で伝説を作りたかった
とか・・・あとがきにもあるように、調子よい事を喋っているのは酒を呑みながら
の語りのようで、飲み屋できいたならばさぞかし愉快だろうと思った。そういう、
金があるから浪費した自慢話ばかりだと、読む気もうせるが、志を抱いてこの
業界に足を踏み入れたら自分自身の才能など屁のようだと打ちのめされる話
もある。その辺でくじけなくて、噛り付いたから生き残れたのかと思うと興味も
わくものだからついつい読んでしまう。


脚本をやりたいと師匠の小山高生先生主宰の「アニメシナリオハウス」の2期生
になるが、50人中48番目の評価で、他の才能に及ばないことを知り、「脚本の
世界では天下が獲れない」と自覚するがただでは転ばぬ。
「仮面ライダークウガ」の荒川稔久氏「機動新世紀ガンダムX」の川崎ヒロユキ氏
「幽遊白書」などの隅沢克之氏などが同期だそうです


脚本は下手だが、”企画書はうまい”といわれ、ストーリーや発想の部分が面白い
からそこからいけるんじゃないかと、師匠に言われてその気になって・・・だそうです。
とにかくこのオタクな業界でのし上がって「一番になりたい」というのがモチベーション
だったとか・・・。

オタク成金 (アフタヌーン新書)オタク成金 (アフタヌーン新書)
(2009/05)
あかほり さとる天野 由貴

商品詳細を見る


まあ・・・ぶっちゃけると、自分は「あかほりさとる」氏の事は知らない人でした(笑)
ただ、90年代の頃、マンガ新刊コミックスで平積みされている表紙に平仮名表記の
原作者として目の端に残っていたのを記憶していたのと、タイトル「オタク成金」に
惹かれ、チラッと読むとマンガ等が好きなら興味を持ちそうな内容でしたので購入
しました。やっぱり、新書等は「タイトル」はかなめですね(笑)手に取るところまで、
いけばしめたもの。売る側の戦略にはまっていますわ・・・。

本書中に紹介されるあかほり氏の作品は、あいにく未読ゆえ僕はなんともいえません。
1990年代は少しマンガ、アニメから離れていた頃で、唯一購読していた雑誌が、
「月刊アフタヌーン」で、ジャンプ、マガジン、モーニング、スピリッツ等は立ち読み
オンリーの頃。あかほり氏が活躍していた角川系統の雑誌は読んでなかった・・・。

ましてや、ライトノベルなど手にする事も無く、またこの頃は読書さえまともにして
いなかった頃ですね・・・。





あかほり氏の方法論、自論などはなかなかいいんじゃないか。

「40人いるクラスの中で本を読むヤツがだいたい5人くらいとするならば、残りの
35人の本を読まない層に読ませよう」そうするためにはどうするか。
そこから氏は考える。

作家同士が集まっても、アイデアとか、トリックとか、設定とか、秘密にしないで
ベラベラ喋っても問題無いとか。
そんなのまだカタチになる前の話だから、誰かに使われても構わない。使うとしても、
最初の段階よりは面白いアイデアに仕上げればいいからね・・・など、うろ覚え記述
ではあるが割りと男前発言などがあったりして面白い。

金儲けしてなにが悪い!

俺は稼ぎたいんだ!

とか、もう~俗っぽいけれど正直で潔いなぁ(笑)
芸術性がどうのこうのという方は、この業界は向いてない。
このオタク業界、エンタメ業界はサービス業だ・・・とか、色んな発言があちこちにある
なかなかの1冊。多分「月刊アフタヌーン」を隅から隅までジックリと読み、全作品を
読み終えた後にもう1度、好きな作品を読み直す。そこにかけた時間にプラス30~40
分くらいの時間で軽く読める新書でした。



肝心なところは本書を手にしてから読んでください。
これを書いてはいけないと思った事は伏せていますので。


スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<今週のサンデー33号~「金剛番長」など | HOME | ”ZO-3” の弦を張り替えた・・・「けいおん」を見て思い出す>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。