うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

BS2:黄金の洋楽ライブにて「チープトリック」を観た

たまたま観たのだが・・・結局最後まで観てしまった。今回は途中から
観て、番組ナビは高島兄貴が登場。世代的にもあの辺の人達に人気
があったような記憶はある。高島兄貴がチープトリックならば、その同時代
有名なバンドが思い出される。

ヤッパリ、QUEEN 、KISS・・・などが筆頭だろう。
チープトリックって・・・オレほとんど知らん!
でも、まあ・・・ライヴを最後まで観てしまった・・・。

そして、高島兄貴の語り口は熱い。
ギターの人(基本的にメンバー名覚えてません)が投げるピックが
どうしても欲しい。投げるピックをキャッチし損ねて床に落ちていないかと、ライヴ
会場を後にする時に下を見ながら探したエピソードなど、ファンぶりをアピール
していましたね。

観ていて思ったのは、ギタリストがどことなく「いろもの」的で、いや、ギタリストは
いろもの担当でもいいのだが・・・どうも、パッとしないイメージがあった。
だが、聴いてみるとハードロックなんだよね。驚いた。

聴いたことが無いと思っていたけれど、知ってる曲もチラホラあった。カバー曲は
別にして。・・・思い出してみると、昔、引越しの時に、妹が捨てたカセットテープ
の中にチープトリックがあり、それを聴いた事があった。う~む、捨てられたテープ
のアルバムは聴いてみてパッとしない感じがしたのでそれ以来聴いていない。
(ちなみに、捨てられたテープの数本の中には今井美樹のアルバムも含まれていた。
う~む。これも捨てられても仕方無いなぁ~と思うほど、アルバム全曲似通った曲
ばかり・・・オレもこれはいらん!と後で捨てたと思う)


一度、低迷時代に夜ヒットに出演していた事もあったね。その時にベースの人の
ベースが12弦ベースと聴いて驚いたが、サウンド的にはライヴで聴いていても
あまり違い(4~6弦)がわかりませんでした。響きが違うのかな?

でも、まあ・・・ボーカルもハンサムで爽やかだし、歌も癖無く、アクも無く・・・
やっぱりギターか。ギターだよね。結構ハードプレイだと思う。アーミングも多用
していたけれど、観ていると、そこはチョーキング・ビブラートでもいいんじゃない?
というところもみえたけれど、なかなか面白い。

アンコールで5本ネックのバカギターが出てきた時、

ああ!コレ!これがイロモノ以外になんて言う!


と、画面を観ながら苦笑。意味ねぇ~(笑)

重いし疲れるだろう。でもこの変態ギターをバタバタと振り回して弾いてたね。


アルフィーの高見沢氏が3本ネックのギターを作って、弾いた事があるような
事をきいたことがあったけれど、「重くて疲れるから使ってない」とか言ってたな。
多分、5本ネックよりはマシと思ったのでしょう(笑)

現在の活動状況は知らないけれど、70年代からやっているからそこそこ高齢
ではないかと思う。日本で70年代に人気を博していたのは記憶にあるが、ぼくの
周辺ではファンを見た事がない。女性ファンが多かったのは「JAPAN」だった。

デビッド・シルビアンもいいおじさんになってしまった。おじさんになってもセクシー
なのはやっぱりデビッド・ボウイでしょう。自分の見た目、立ち居振る舞いに気を
つけているのは、今でもスーパースターの証。

それた・・・チープトリックはなかなか好かった。好印象デス。

スポンサーサイト

テーマ:洋楽ロック - ジャンル:音楽

ROCK | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<週刊少年マガジン36号~今年は合併号は無し、来週も発売するそうです。 | HOME | 白石川は濁っていた。しかも増水気味で流速も早い>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。