うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

「3月のライオン」第3巻購入・・・羽海野チカ

ヤングアニマルで連載されているとはいえ、隔週雑誌で3~4回程の休載を
はさみ、7月は未掲載だったような作品なのに8月にコミックスが出るとは
思いもしなかった。7月はコミックス向けの仕事期間だったのでしょうね。

ページ数不足していないか?薄いコミックスになっているのではないか?
などと考えていましたが、まあ・・・そんなに薄くないです。
コミックスの表紙はあかりさんとももちゃんのイラストで、新刊発売に合わせて
ヤングアニマルの表紙も羽海野チカ先生で、巻頭スタートの話はコミックスの
続きです。1巻の頃、作品スタート時よりも桐山君(主人公)はどんどん男っぽく
なっていくみたいです(笑)

棋士同士の勉強会に参加するのが、今週号のヤングアニマルからなんですが、
男子高校生っぽいのでホッとします。

さて・・・僕はこの「3月のライオン」にはスタート時から注目しています。
が、なかには「将棋なんてわからないからもう読まない」・・・と、三行半をくだして
離れた羽海野チカファンは実にもったいない事をしていると思いますよ。

なにしろ、羽海野チカ先生、巻末オマケマンガで告白しています。

身も世もないほど
人生ぶっ込んでしまったと思うからこそ
「作品」を否定されてしまったら
本当に人間として全世界否定されたのと
同じ気持ちになってしまうので
発売前は心がグラングランになるんです


2巻発売前のネガティブ発言です。
巻末マンガがいつも面白いので、先にこれを読んでハッとしました。
マンガ家は全力で戦っています。凄いな・・・。

一日あけて、13日に読みながら

「ああ・・・連載で追いかけて読んでるからなんとなく覚えているなぁ・・・」

といいつつ笑ったり、考えたりしながら読んでいると、

なんだろうね・・・

最後の辺りか中盤辺りで目に涙を浮かべて読んでましたね。

恥ずかしながら。

熱くなったな。

実は「はじめの一歩」の試合シーンのダイジェスト版の特集号なんかをまとめて

読んだりしても熱くなって涙が浮かぶおとこなのです私は(笑)




今回のコミックスは将棋の世界に生きる男達の熱い戦い

盤上で巻き起こる戦い

男の戦いの回なのだ。


そして、桐山君が1~2巻からは想像もつかない闘志を前に出す回です。

そして若気の至り・・・などもあり、漫画力を体感します。

離れていったファンはもったいない事をしていると思いますね。

3月のライオン 3 (ジェッツコミックス)3月のライオン 3 (ジェッツコミックス)
(2009/08/12)
羽海野 チカ

商品詳細を見る


3月のライオン 2 (ジェッツコミックス)3月のライオン 2 (ジェッツコミックス)
(2008/11/28)
羽海野 チカ

商品詳細を見る


3月のライオン (1) (ジェッツコミックス)3月のライオン (1) (ジェッツコミックス)
(2008/02/22)
羽海野 チカ

商品詳細を見る



スポンサーサイト

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<「チンパー」~モーニング掲載、花沢健吾氏の新作3話読みきり・・・ | HOME | 「ゲッサン」9月号~売れてるようです!「とある飛空士への追憶」連載開始>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |