うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

人は自分が生きている生活圏内で物事を考えるものだが・・・

不景気だなぁ~。大不況だからなぁ~。などと、テレビや新聞などを通じて
感じるのは極々当たり前のことで、’08年の12月に話題にもなった東京
渋谷の「年越し派遣村」の話題も遠くのようでいて身近な出来事のようで、
どこか現実味があるようで、無いような感じもしたが、いざ失業してみると
立ち直れないくらいに就職先が無い。

先日お盆休みくらいの頃、船岡の自衛隊基地近所のコンビニで強盗事件
が起きたらしいが、犯人は直ぐに逮捕された。
そこのコンビニをよく利用する常連客で、風体も店員には見覚えのある人物
であり、勿論防犯カメラにもバッチリ写っていて、ちょっと聞き込み捜査を行う
と角田の無職(40歳代)の男性が捜査線上に浮かびほどなく逮捕となった。

おにぎりや弁当、飲み物に雑誌・・・合わせて2000円程度の強盗事件だ。

割に合わない。逮捕される時も、素直に応じた事だろう。
金はないし、仕事もない。おそらくは失業給付も尽きて、成すすべなく・・・
と思い込み、犯行におよんだ。突発的な犯行。

ヤケクソになって強盗か・・・。
店員も負傷したようなので強盗傷害事件になるのかな。

この手の突発的なコンビニ強盗は全国的に増加傾向にあるように思う。

金が無い・・・。

仕事無い・・・。

腹減った・・・。

コンビニの弁当か、オニギリでいいから食べたい・・・。

そういえば所持金も底をついてきた・・・。

小銭しかないや・・・。

オニギリもパンも買えない・・・。

ヤルしかない・・・。

もう考える余地がなくなり、当事者にしてみれば万策尽きた思いからの行動。

コンビニ強盗も立派な犯罪だから、犯人許すまじ!・・・とは思うが、立場が
同じであれば僕もそういう行動、行為におよんだかもしれない。
(派遣社員=犯罪者予備軍)
という事を言うやつも何処かにいるだろうが、それじゃあ全国民の1/3は
犯罪者予備軍だな。そんなわけあるかいな(笑)全国民1/3が犯罪者になれば、
毎日どこかで、一時間に何人の被害者が出るのか想像できない。毎日何かに
怯えながら暮らす事になるよね(笑)全国民の2/3の人達はね・・・。

一応、犯罪に走るつもりもないし、そんな度胸もないが、

いざ、追い詰められたらヤルかもしれない?

自分自身に自問自答する。

それはないだろう・・・。としか言えないなぁ。

そして、今週末には衆院選の選挙だ。
選挙関連でこのような記事を河北新報で見つけた。


衆院選みやぎ 地域は問う(2)止まらぬリストラ/安定雇用 切実な願い

                      
  <一枚の紙切れで>
 テレビ番組で見たのと同じ光景だった。大河原町の男性(44)は3月末、
約7年通った県南地方の大手電子部品メーカーへの派遣を打ち切られた。
 派遣元の上司から手渡された封筒を開けると、派遣切りを通知する文書が
一枚入っていた。「本当に紙切れ一枚。いつか来るかもしれないとは思って
いたが、ショックだった」と言う。

 妻、子ども3人、母と6人暮らし。すぐに職探しを始めたが、以前のような収入
を得られる仕事は見つからない。薬局勤めの妻の収入がなければ、路頭に迷っ
ていたかもしれなかった。
 6月、国の教育訓練給付制度を活用し、ホームヘルパー2級を取得できる講座
に通い始めた。再就職先の幅を広げようとの思いからだ。「子どもが自立するまで
は頑張らないと」自動車関連や電機部品などを中心に工場が点在する県南地方。
昨年秋の世界同時不況のあおりで、派遣切りや雇い止めに遭った失業者が公共
職業安定所に押し寄せている。

<製造業依存高く>
 大河原職安管内(角田市など1市5町)の6月の有効求人倍率は、県内最低の
0.12。東北6県を見渡しても黒石(青森県)の0.11に続くワースト2だ。

 坂下敏明所長は「製造業の依存度が高い地方では求人に占める派遣や請負の
割合が大きい。世界同時不況で派遣社員の需要が少なくなり、派遣会社の営業所
が撤退している」と話す。4月以降は景気が底を打ちつつあるとはいえ、県南地方で
最近、新たに二つの工場が閉鎖され、300人規模の離職者が出る見込みだ。


<成長戦略示して>
 「日雇い派遣の原則禁止」(自民党)、「製造現場への派遣の原則禁止」(民主党)―。
 各党のマニフェストはこぞって安定した雇用制度の実現をうたう。
河北新報社が
20~22日実施した世論調査でも、重視する政策として「景気・雇用対策」を挙げる
県民が最も多かった。経済危機の大波をかぶった県南地方のある工場は、約60人
の正社員を守るため、派遣切りをせざるを得なかった。
 40代の社長は「本来なら人件費は固定費とみなすべきなのに、派遣従業員を使う
ことで変動費と考えてしまった。甘かった」と反省する。
 その上で「労働者側のセーフティーネットも大事だが、国として経済成長の戦略も
示さなければならない」と注文を付けた。(白石支局・佐々木篤、大河原支局・瀬川元章)

<メモ>宮城労働局がまとめた雇い止め状況(7月21日現在)によると、県内事業所
で昨年10月以降に職を失ったか、今年9月までに職を失う見通しの非正規労働者は
148事業所の計5150人。6月の前回調査より39人増えた。
就業形態別では派遣77.5%、請負9.0%、契約6.5%、その他7.0%。
5150人のうち、労働局の追跡調査で再就職が確認できたのは602人だった。


2009年08月26日水曜日(河北新報)





この記事を読んで

まいったな~ハハハハ(T ^ T)/~~~~

と思ったのは最初の赤線下線の部分。
東北6県見渡してワースト2とは・・・。
そういえば、6月頃にもそういう話を聞いた様な気もする大河原の職安でね(笑)

ここで今回のタイトル、
「人は自分が生きている生活圏内で物事を考えるものだが・・・」
につづくのです。







自分の地域を基準に考えていましたが、そうか・・・宮城県内では最低の
求人数なんだ。どおりで、最近ハローワークのPC検索でも待ち時間が
少ない。7月辺りから、ほぼ待ち時間なし。ただ、職業相談窓口での待ち
時間は長い。1時間半待ちなら早いほうだ。2~3時間待ちが当たり前。
8月は窓口利用はまだ無いのでなんとも言えないけれどね。

PC検索の時間も30分単位なのだが、時間が余り、時間前に立ち去る人
も多い。社員の求人以外にアルバイト・パートの求人も場合によっては
検索する余裕が生まれるくらいだ。

15~16時くらいの時間帯なら、PC検索のみで来所したならば、待ち時間
なし。空席が幾つもある。

改めて周辺地域をながめてみる。製造業関係の工場が多く、また流通関係でも
おおきなトラックターミナルが点在するわけだ。村田の工業団地、角田の工場
団地。4号線を中心に大手メーカーの半導体工場、飲料水メーカー、タイヤ工場、
製紙工場、電気部品メーカー、プラスチック製品工場、パン工場、カメラメーカー、
コピー機メーカー・・・etc.

思いついただけでも、日本中に知れ渡り、ホームセンターでも馴染みのメーカー
だったりする。結構、全国でもNo1.のシェアを誇る超大手企業が散在している
のだから驚く。これだけ工場があればどこかが雇ってくれる・・・な~んてことは
ない。ちょっとは持ち直してきたから工場派遣の募集はあったが、ニコンとかは、
工場の規模縮小か一部ライン停止で、希望退職者を募っていたくらいだから、
工場の操業停止までのつなぎで、派遣社員を雇っているのに過ぎないのに、
考えもせずに飛び込んだ人達は、また3月頃に失業するのに大丈夫かよ。

その頃には他に雇ってくれる工場があるとでも思っているのかな?
半導体工場はダメでしょうね。募集はあったけれど、11~12月までとか、
3~4ヶ月の短期雇用だしね、ソニーや富士通はほんと使い捨てるだけだから、
派遣先には選択しない方がいい。在庫調整と希望退職者を募っている最中
だからね、現場の士気も下がっているかもしれないよ。

さて・・・現状はこうだ。

さあ、どうしようか?

それでも真面目に探すしかないなぁ。

結局、やむを得ず派遣社員を選ばなければならないかもしれない。
そういう消極的な選択で派遣を選択する・・・の繰り返しで、派遣会社を
何社も渡り歩いていると、正社員の道は完全になくなるな。派遣会社が
ほのめかす。


「派遣先企業が正規雇用する場合もある

ので頑張ってくださいね」


の言葉は、「いつかは正社員へ・・・」の気持ちを、モチベーションを上げる
ための甘い言葉だ。騙してはいないが、何回も派遣会社を移っている人
でなくとも、正規雇用の道は厳しい。工場など、人件費はなるべく安く
押さえたいから、優秀な人材を安く雇用できるならばそうする方がいいに
決まっている。正社員の信頼が厚くても、正社員になれない派遣社員は
いくらでもいるだろう。

以前も書いたと思うが、派遣会社を仲介せずに、契約社員になるか、
アルバイト、パートで地道に実績を積み上げてアピールしていく方が、
効率よく正規雇用されると思う。働き方次第では半年~1年未満で
正規雇用されるかもしれない。
実際の現場ではどうか判らないが、3年以上派遣社員として働いて
ようやく正規雇用か、準社員になれるかといったところだろう。

(以前、勤めていた工場での話。工場的には好景気の’06~’07年の頃の話。
 ぼくは年齢的に30代後半だったからなのか、選外でしたね・・・残念です)


20~30歳代の現状も厳しいかもしれないが、40歳代前半のぼく以降
の年代は、職業選択の余地がほとんどない。なげいても仕方がない
けれど、職種に垣根を作らずにやりがいのありそうな仕事を選ぼうと
あがいているところだ。

やったことのない販売職や、営業企画とか(笑)・・・実績もノウハウも
無いけれど、未経験者OKを信じて(実際は経験者希望が多いけどね)
応募する日々。

県内最低、東北6県でワースト2でも、応募せにゃならんのですよ(笑)

しかし・・・イヤな季節になってきた。仕事をしていればイイ季節なのにね。
3月の田起こし~田植え~夏~稲穂が黄色くなってきた・・・。
そして収穫の稲刈り・・・。周囲に田んぼが多いので、
「田植えの時期までには・・・」
「草刈や、農薬散布の真夏までには・・・」
「稲刈りまでには・・・」
と、思いながら無職であることを嘆くのです(笑)

さて、明日は期日前投票にでも行ってきますか。
支持政党がないぼくは浮動票になりますけど、「家で寝てて居てもらえればいい」
というわけにもいかないでしょう。昔、総理大臣が言ってた言葉ですね・・・。
投票会場で決めます。はっきり言ってどっちもどっちですから。

ああ・・・長過ぎた。
スポンサーサイト

テーマ:衆議院選挙 - ジャンル:政治・経済

多事他事雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ぐ~たらな白石川釣行・・・白石大橋上 | HOME | 衆議院選挙2009 - 投票に役立つマニフェスト・・・などを見て考える>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |