うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

月刊スピリッツ創刊号発売中!!~毎月27日発売

え?今頃その話題ですか?
という方もおられるでしょうね。衆院選やら衆院選前に次々とわきあがる
雇用問題、失業率がどうしたとか、そっちバッカリ向いていましたが、久しぶり
にマンガ関連ネタで書きます。お手柔らかに宜しく御願いしますm( _   _ )m

表紙は「花と奥たん」の高橋しん先生です。巻頭カラー付き44pですね。
またしても見開きカラーページが良いので画像としてパチリと撮りました(笑)
週刊~の方で掲載時の画像も結構良かったので画像として取り込み、
個人的にプリントアウトして楽しんでいます。

絵葉書サイズなのでなかなかグッときますね(笑)
これを売買すると犯罪になりますのでやりませんが、週刊か月刊の方の付録
やプレゼント企画で絵葉書とかあればいいのに・・・などと個人的に考えてしま
います。
(ちなみに私はロリコンではありません。オッパイがある方が好きです。腰のクビレ
 があって唇がポッテリして、潤みがちなややタレ目っぽい方がお尻を振ればもう
 鼻血ブーです。腰のクビレがハッキリしていればヒップ85cm以上が理想で、ハチ
 ワンダイバーの『受け師』さんくらいでもOKです・・・って、あ!何をカミングアウト
 しているんだぁ!)


花と奥たん:見開きカラー~1_512

月刊スピリッツ創刊第1号:表紙~高橋しん氏_512


「花と奥たん」
今回は第0話。エピソード:0という事で、週刊スピリッツに不定期?季節掲載?
分の物語以前の話で奥たんのダンナさんも少し登場する話です。東京に生えた
謎の巨大植物によって巻き起こされ、人智を超えた怪現象により東京都心部から
「帰れなくなった人々」と、帰れなくなった人々を「待つ人々」、ダンナさんを待つ
奥たんはいわゆる「残され主婦」となっています。

新婚の専業主婦奥たんが、炊事洗濯、畑仕事に、食材求めてお買い物・・・
主婦の日常を描きつつ、「食」が中心になっているこの物語。
近未来SFパニック作品?と言えばいいのか・・・なんとなく、謎の巨大生物による
「人類淘汰」「地球清浄化計画」~そういった人類存亡の危機を感じさせる作品です。

それでも生きていくためには食べなけりゃならない。そして、安くても高くても、
入った食材で、できる限り美味しい料理を作って「ダンナさんの帰りを待つ・・・」
それは食卓を囲む事で生まれるささやかな幸せをかみしめるための生活のサイクル。
料理を作ったり、畑仕事をしているのを見ると楽しそうなんですが、ふと、周囲の状況
を見たり聞いたりすると、明るい話題がなかなか無い。

この物語を楽しくしているのは、料理と食事だけかもしれない。

それでも明日はやって来る。まあ・・・既刊第1巻発売中です。
今まで掲載された分が掲載されて、加筆されていたり、奥たんの料理(適当な)レシピ
も紹介されていたりします。第1話でタラと信じて買ったスズキの料理も勿論あります。

花と奥たん 1 (ビッグコミックススペシャル)花と奥たん 1 (ビッグコミックススペシャル)
(2009/04/30)
高橋 しん

商品詳細を見る


カラーページがテンコ盛りなので、内容的にも妥当な価格だと僕は思います。

エピソード:0の今回も、レギュラー出演のパイ揉みセクハラおじさんも登場。
オッパイふた揉みで玉子2個を奥たんGET!します。

「そんなんだからおまえらは。」葛西りいち
実はこの作品を一番最初に読んだのです。なにやら作者初、悲願の青年誌連載なんだ
そうで、応援よろしくのことです。
FC2ブログにて葛西さんのマンガブログを知り、半ばファンになってしまったので、
新作として期待しておりました。既刊「あしめし」(アシで飯がくえるのか?)の延長
のようで、新キャラも立てておりました。まあまあ面白いので楽しみにしています。

あしめし (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)あしめし (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)
(2009/04/30)
葛西 りいち

商品詳細を見る


マンガ家未満のマンガ家を目指すアシスタントの実情と日常が描かれた作品です。
既刊第1巻分の内容はすでにブログ内ではみる事はできません。オールカラー仕様
ゆえに価格は割りと高めですが、マンガ好きには興味深いマンガ界の裏(バクマン程
ではない)のエピソードがなかなか面白いです。
ゆるい内容なので、アッサリしてい
ますが、こういうのも好きなんですね(笑)

「月刊大ハシ正ヤ」大ハシ正ヤさん

・・・こっちで俺ハエですか?


モーニングでの連載が終了し、一部では惜しまれた連載が「月刊スピリッツ」
にて登場。俺ハエとどこが違うのか?・・・・・・・・・・・・・・・・・同じですよ。


もう俺、ハエでいいや 1 (1) (KCデラックス)もう俺、ハエでいいや 1 (1) (KCデラックス)
(2007/05/23)
大ハシ 正ヤ

商品詳細を見る


もう俺、ハエでいいや 2 (KCデラックス)もう俺、ハエでいいや 2 (KCデラックス)
(2007/09/21)
大ハシ 正ヤ

商品詳細を見る


ああ・・・まだ紹介しきれないなぁ~。

信濃川日出雄氏の「ヴィルトゥス」の続編、新章「シン」がなかなかやる。

古代ローマ時代にタイムスリップした殺人犯クラスの服役囚達が、コロッセウム
で戦うグラディエーターになり、そして新章ではあの最弱の神尾君が主人公の
ようです。第1章の最終話辺りではメキメキと強くなっていましたが、第二章では
完全無敵のグラディエイターになっていました。冷酷無比の戦士です。

月刊になったから、作画も丁寧な印象があり、また迫力が増しました。
格闘技モノは数あれど、信濃川日出雄氏もなかなかいいな・・・と思いました。

ああ・・・もりたいし先生もスケベだなぁ・・・いや、好きなんですけれど。

まあ・・・こんなところで。













※)面白い雑誌なんですが、「ゲッサン」のような暑苦しい程の「熱気」不足は感じます。
それは講談社の「good!アフタヌーン」にもいえますが、青年誌と少年誌の温度差
ってのは一体なんなんでしょうね。「ゲッサン」は結構、あの熱気がいいですよ。
しかし、この御時勢に新創刊する雑誌はなかなか大変だと思います。そういえば、
講談社で、また月刊誌をリリースするそうですが、どうしようかな?


スポンサーサイト

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:0 | トラックバック:1 |
<<週刊少年マガジン今週号~40号「もうしませんから」~ | HOME | 衆議院総選挙~民主圧倒300議席越え>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

剣闘士 グラディエータービギンズの最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「剣闘士 グラディエータービギンズ」へ! …
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。