うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

夜勤明け・・・自宅で仮眠後にいつもの湖へ

夜勤明けで釣り場へ直行したいところだが、朝方の4時くらいから眠たくて欠伸を連発し、「だらしない」と職場の先輩にたしなめられ、終業してからどうしようかと考えたのだが、釣り場直行は断念して自宅に帰ることにした。
視力が弱く眼鏡を愛用してきたのは小学6年~大学2年くらいまで。
大学2年頃にコンタクトレンズに替えてから数十年・・・ほとんど視力に変化は無かったのだが、いまの職場に勤めるようになってわずか2年くらいで視力が落ちた。
硫酸、硝酸等を扱う現場なので同様に視力等、身体になんらかの変調をきたした現場の人達は多い。
視力が落ちたのは老化したため・・・などという話もあるが、事実は藪の中である。
それはさておき、コンタクト(ハード)を連続装用して24時間以上経過するとさすがに眼が乾く症状、ドライアイの症状がでてハードコンタクトゆえの異物感や、眼球に張り付いている異物感が、直情的に襲いかかってくる。
パリパリして勝手に剥がれそうな感じもする。丸一日以上コンタクト着用していると眼球の負担が半端ではなく、一度はレンズを外しておく必要にせまられたので自宅での仮眠を選択した。
2~3時間の仮眠後に釣り場へ・・・。
とりあえず釣りを始めて30分以内で数尾のバスを釣る。その一尾が↓これである。
RIMG0269_512.jpg

サイズは25~28くらいかな?採寸もまともにやらずに釣りを続行。
10月のバスの荒食いは凄まじい。このサイズ以下の豆、小バスがガンガンと食ってくる。
日没も早く、まさに「秋のつるべ落とし・・・」とはよくいったもので、暗くなったかな~と思っていたら何時の間にかストン!と暗くなっているから、兎に角時間がおしいのである。
もともと大物狙いのハードタックルではなく、トラウト狙いのライトタックルなので小物相手でもかなり楽しめる。
付け加えるとバス仕様の専用ルアーを使用せず、トラウトで使用するルアーを中心に釣りをするので、ルアーの種類も少なめで済むのが有難い。
ここ数年はトラウト狙いのタックルゆえにスピニングリールばかりを多用してきた。
ロッドはダイワのネオヴァーサルの6ftライトアクション。
リールはカーディナル33(90年代に復刻したやつ)。
ラインはヴァリヴァス5lbの蛍光イエローナイロンライン。
ルアーはスピナー、スプーン、ミノー等を各種類揃えて釣りを続行する。
RIMG0263_320.jpg

先週も今週も、画像右から二番目のルアーが大ヒットルアーでした。
最初の四尾はこのスピナー一本で5尾釣りました。
ちなみに先週土曜の釣りでスピナー一本を持っていかれました。↑画像左から二番目のスピナーです。
なんとか釣りまくって、多分推測で20尾は釣ったかと思われます。
最後の方の薄暗いなかに釣り揚げたのがこれです。↓

RIMG0271_512.jpg

こいつも御他聞に漏れず約30cmくらいの小バスです。

今回はスプーンなどでも良型サイズを揚げているので、面白い釣りをたのしめました。
毎度昼からの釣行なので20尾とは少ない、微々たるものです。
今日も活性が高く夕まづめの時間帯では、いたる所でライズが行われ釣り人の気持ちが盛り上がっても現実にはそれ程ボコボコに釣れるわけではなかった。
スポンサーサイト

テーマ:ルアーフィッシング - ジャンル:趣味・実用

BASS ; NO RELEASE | コメント:0 | トラックバック:1 |
<<ひさしぶりに、午前中から釣りに行く・・・ | HOME | 新連載!?「一升庵大女将半田千代、もの申す」・・・でいいのか?>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

ドライアイに関する情報ブログです。一緒にドライアイについて勉強しませんか? …
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。