うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

ゲッサン10月号~現時点で未入手

発売日は確認していなかったけれど、だいたい昨日か明日かと思っていた。
で、酒のストックが切れたのでバーボンを買いに行くついでにコンビニ数件を
はしごして探したのだが、どこも置いてない。

「明日か明後日の発売だったかな?・・・多分そうだろう」

と、自分に言い聞かせて帰宅。
幾層も積み重なった雑誌の中から、先月号のゲッサンを手にして発売日を
確認した。

「あっ!・・・土曜日、12日発売じゃねぇか」

返本が多い雑誌は、入荷数の調整は当然はいるわな。
新創刊時は周辺コンビニではドサッと置かれたものだが、売れ残りの数、実売数
などを照らし合わせて、入荷数は当然決めるでしょうね。3~4冊くらいなら、完パケ
して丁度いいくらいでしょう。ヤッパリ売れてるのかな?先月号は某ツタヤにて売り
切れていたみたいで、在庫が無かったしな。

町内のコンビニ4件回って無かったな。「good!アフタヌーン」は当然、2号まで。
それ以降は書店でしか入手できなくなった。

「ゲッサン」ははっきりいって読みたい。

コンビニでももう少し置いてくれる部数を増やして欲しいなぁ・・・。

ゲッサン 2009年 10月号 [雑誌]ゲッサン 2009年 10月号 [雑誌]
(2009/09/12)
不明

商品詳細を見る



「good!アフタヌーン」は・・・コミックス待ちでもいいかな?と思うような今回の
ラインナップ。「ハルシオンランチ」(沙村広明氏の異次元コメディマンガ)や
「路地恋花」が休載というだけで、戦力ガタ落ちのイメージがあった。

今号は「もやしもん」でメジャーな石川雅之先生の「純潔のマリア」(魔女モノ、
中世甲冑有りファンタジー)があったからまだ良かったくらいの印象。

他に注目すべき作品はありますが、上記の4作品が掲載されてないと戦力不足感
は否めません。この雑誌はちょっとこれからが続くかどうかが心配。隔月刊だから
いつの間にか忘れさられたりしてね・・・。

メカビみたいに・・・季刊になってそのままフェードアウト・・・とか。

この「good!アフタヌーン」掲載中作品で、「月刊アフタヌーン」本誌移籍を願いたい
のは「鉄風」の太田モアレ氏。あと、「路地恋花」の・・・スンマセン。作者名未認知
でした。おそらく少女誌では知られた方だと思います。最近のアフタは薄くなってきた
から、90年代の無駄にかさばる1000ページ越え雑誌にしましょう(笑)

good (グッド) ! アフタヌーン 第6号 2009年 10月号 [雑誌]good (グッド) ! アフタヌーン 第6号 2009年 10月号 [雑誌]
(2009/09/07)
不明

商品詳細を見る


「good!アフタヌーン」創刊号にはマリアのフィギアも付録で付いていましたね。
まあ・・・ちっこいモノでしたがなかなかのモノですヨ。

ああ・・・あしたこそは書店に行ってゲッサン買います。

                                       以上。










※)「ゲッサン」買いました。月曜午後、大河原に出るついでに免許更新も済ませて
 きました。優良運転者(ゴールド)はこれで連続2回目。むか~し神戸でバイク便
 をやっている頃に1度だけスピード違反で捕まり、切符を切られてこのかた違反なし。
 
 まあ・・・単独事故は何回かやっていますが、違反は無いです。免許の話は別にして、
 免許更新後に書店に寄ったところ、在庫が2冊しかなかった。他の月刊誌はいくらでも
 残っていたのに、新参者の「ゲッサン」は売れてますネ。完パケしたところも多いかも
 知れませんね。

 ちなみに、大河原で立ち寄ったコンビニでもゲッサンを1冊発見!!
 
 やっぱり売れているみたいですよ(笑)で、冒頭の「ある飛空士・・・」~「アサギロ」
 まで、珍しく順番にジックリ読んで疲れました(笑)あとは2~3作品をかいつまんで
 読み今に至ります。いや~大体、1冊買ったならば好きな作品2~4作づつ読んで、
 次はどれにしようか・・・などと進んでいくのですが、今回は順番どおりに読んでしまい
 ました。順番的にはシックリしましたね、今回のラインナップ。

 楽器で戦うファンタジーはイマイチ苦手だな~と思えば後ろの方ですが、最後の戦国
 タイムスリップものは嫌いではないので、続いてもらいたい。ビーチバレーもなかなか
 面白いが!!一応少年誌なので乳首NGみたいですね(笑)
 女子プロレスのアレも今回は、もう~サービス、サービス( ^ TT ^ )
 乳首NGだけれどネ。でも・・・確か、この前少年サンデーの方で、「乳首」見たような?
 発見したような気がするけれど・・・?

 「ゲッサン」のレビューはまた後程。






コンビニはSQ(ジャンプスクエア)よりも、

「ゲッサン」を多く置くべきだ。

と思うな(笑)



いや・・・SQの現状、よく売れ残っているしなぁ。
この前、有名作家(小畑・大場コンビなど多数)の読み切り作品などを寄せ集めて、
増刊特集号みたいなものを出していたでしょ?アレッて、「うち(SQ)では、これらの
有名作家さんが、こんな面白い作品を載せていますよ~是非、買ってくださいねぇ」


と、週ジャン読者やその他一見さんに向けてだした、

プレゼンテーション的雑誌だよな(笑)


完全にテコ入れでしょうね。こういうあからさまなコンビニ向けの売り方も
アリとは思うけれど、これさえも「売れ残ってます」よ。SQピンチ!!か?
などと邪推したりする。モチロン買わなかったけれどね。

こういう増刊号より、「こち亀」の企画モノ、季節モノの増刊号の方が
売れているでしょ?たまにオレも買う事があるからね。

また、このマンガは、色んな情報が詰まっているから学ぶ事も多い
ので一般教養(笑)を身につけたり、余計な雑学を知るには結構
マストアイテムな作品ですからね。支持者は多いですよ。

SQではテニプリも再開したようで、巻き返しを狙っているようですが、
既に終わった作品を復活させて上手くいくパターンは少ないと思うよ。
ヒットするのはマレ。ジャンプの悪い癖だね。・・・とかいいながら、
マガジンではGTOをやってるしな。マンガ界もサバイブするのは大変
なのがよくわかるね。
(実は、今更GTOを持ってくるマガジンには少し呆れている。でも、
 『完結した作品で再開を望む作品がありますか?』と訊かれると、
 色々と再開を願う作品のファンがいるのも事実。大概失敗している
 のにね。無理矢理引き延ばされた作品でガッカリしたのはやはり
 『北斗の拳』。ラオウが死んだところで原先生も終わりたかったのが
 本音で、編集部の意向により引き延ばされたらしい。結局、最後の方
 は原先生も、どうでもよくなってきて、やや下降気味になり終わった
 とかなんとか・・・。ジャンプはキリのいいところで終わらすのが下手。
 結局、作者も納得できるような終わり方をする事の方が難しいみたい
 ですね)


スポンサーサイト

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<「アニメの殿堂」は建設中止 川端文科相が方針~日経ネット | HOME | 福満しげゆき先生の「小規模・・・生活」に家族登場>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |