うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

面接には行ったけれど、温度差を感じる40歳代

昨日、仙台市内へ面接に行ってきた。web登録した派遣会社なのだが・・・
「履歴書不要、証明写真1枚用意してください」との事で赴いた。
派遣会社のオフィスで、最初に渡されたのが、個人情報の取り扱いについての
説明が書かれた用紙1枚。もう1枚はいわゆるエントリーシート?と呼ばれるの
だろう。

この派遣会社が主に扱っている業務や、出勤日、希望勤務地など、書くところは
色々あったけれど、職務経歴などを記入する段取りでちょっとつまずきを感じた。
「web登録の際に詳細記入したのに、また書かなければならないのか・・・」
という事だ。

二度手間にも感じるけれど、しかたがない。あらかじめ用意してきた履歴書を
取り出して、職務経歴を記入し、おおまかなアンケートにも記入していざ面接。

面接官の社員は1名の対面方式。エントリーシートを見ながら、次々と繰り出
される質問に応える。テンション高め、ハキハキとしたトークで淡々とこなす
面接官(当然オレより若い)。先程、別のブースで面接していた若い男性とは
違う温度差を察知してしまう。(話の内容や、声のトーンから若いと判断)

面接官が訊いてくる内容にやや、言葉を端折っている感じがあった。残業の事
やら、たな卸しの事など、一切触れなかった事が不安を掻きたてた。
「一応、来るなら、面接しないことはない」
といったスタンスか。よわい42歳になってしまったオッサンは、30後半よりも
就職自体が厳しいようだ。





ダメかな・・・と思ったので、次の仕事へ面接の予約を入れる。
木曜日に面接だ。勤務地は蔵王町なので、うちからは割りと近いし、よく釣りに
行く川のほとりにある有名メーカーだ。ぶっちゃけるとそのメーカー自体が組織
している人材派遣会社になる。電話口の応対でも温度差を感じる。年齢を告げた
だけで、「ガッカリ感」がきいてとれるから、こちらもガッカリだ(笑)

まあ、とりあえず面接は受ける。ただ心配なのは、勤務期間である。
一応、このメーカーは全国でも規模縮小をしている最中で、名取の工場は閉鎖
する予定ではなかったかと記憶する。そして蔵王の工場が残るそうだが、ただの
生産ラインのツナギ要員としての雇用ならば、不安定きわまりない。年末にまた
切られる可能性も考慮すべきか?


まあ・・・先日面接してくれたところが、
「若くないけれど、人が足らないからコイツでも一応紹介しておくか・・・」という消極的
人選ででも使ってくれればいいと思っている。面接でも訊かれたが去年の12月から、
他に仕事はされていないのですか?と訊かれたが、察して欲しいものだ。

あたりさわりのない返事をした。
「応募しても面接まで行かずに書類で落とされる」とは言えなかった。

ああ・・・おれのあしたはどっちだ?


スポンサーサイト

テーマ:就職・転職・仕事・求職・アルバイト・パートのNo1最新情報 - ジャンル:就職・お仕事

多事他事雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<明日は台風18号が上陸し、満遍なく本州を渡っていくようだが・・・ | HOME | ガストはテーブル上の美観で損をするだろう。利用を控えるヨ、オレはね。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |