うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

私は大晦日に年賀状制作しているたわけものです

朝方までバタバタと内職?手作業が続き、昼前11:00頃に起きて、
昨夜の鮭のアラ汁に焼餅2個を入れ、ごはんを添えた昼飯を済ます。
家のコメも新米に替えたのか、悶絶するほど御飯が美味いのでたまらない。

「今年は年賀状は書かない」

から~

「届いた分だけ返事を書く」

から~

「この人には何年も会っていないけれど、義理は欠きたくない」

から~

「後輩だから、出さなくてもいいかな?」

から~

「知った仲の間柄だから、察してくれるだろう」

などなどの思いが錯綜して、

結局、ついに年賀状を書いてしまった。


今しがた書き終った。時間にして2時間くらい。

というか、この頃はPCに宛先住所、自分の住所などを
入力しているので、手描き部分は一言の添え文くらいにしている。

まあ・・・そこに添える一言が年賀状ではオレにしてみれば重要なのだが、
ヤッパリ今年は手抜き感アリゆえに、謝罪の「すんません」という言葉が多い。

年賀状という慣習の是非は数十何年前から言われ、論争?はたえないが、
やっぱり、正月に届く、昔からの付き合いになる友人知人からの賀状をもらって、
不快な思いをするわけはない。嬉しいことは確実だが、普段はハガキや手紙も
書かない生活を過ごしている人々にとっては、

年賀状作成作業は、まさに、

やらなくてもいいかもしれない

疲れる作業だ。





ゆえに、一番面倒な宛名書きはもうパソコン操作だけにした。
相手の宛名書きよりも自分の住所を書くのがめんどくさいのである。

我が人生史上、最長の住所である。
1~2枚ならまだいいが3枚以上書いているとまるで呪文を唱え詠唱
しているような気分になって、気持ち悪くなってしまうし、利き手が
異常に疲れる。
(真面目に書くと『大字』『字』が入った漢字だらけの住所になる)

挙句、

「オレはいったい、どうしてこんな事で苦痛を味合わなければならないのか・・・」

と、自問自答するようになったり、苦悩する事を解消してくれたのは
パソコンでの年賀ハガキ作成なのであった。
いままで、アナログ作業を全てデジタル化したのだから、作成速度も速い。
余裕が生まれたのでこうして更新しているくらいだ。


余裕があれば、昔やっていた木版画年賀状を復活させてみたいけど、
そういうわけにはなかなかいかない。


まあ・・・もともと、年賀状を出し合う仲の人達は少ないうえに限定しているので、
枚数の上限はここ20数年20枚以下。今年は9枚程度。

「3月のライオン」第3巻だったかな・・・ぼくは、主人公の零君に
物凄くシンクロしたネタがあった。風邪で寝込んでしまい、3姉妹の家で
正月を過ごす事になった零君の年賀状をひなちゃんが、
「零君の分の年賀状もマンションまで取ってくるからね!」
というエピソード・・・に泣き笑い。


3月のライオン 3 (ジェッツコミックス)3月のライオン 3 (ジェッツコミックス)
(2009/08/12)
羽海野 チカ

商品詳細を見る


筆不精な全国の男子。身に覚えありではないかな?
届いた年賀状がどこかのお店のダイレクトメール的賀状を含めて
5枚以内とか・・・。


ちなみに、オレは親兄弟の中で、毎年、年賀状の枚数の最低記録を
連続更新中である。


「人望が無いうえに人気が無いからだ」

と言われたらこう応えるようにしている。













「現代的価値観に一番近いのだ」

とね・・・。


来年もよろしく願います。カウントダウン的な事はせずに、年賀状を出してからは、
また自室に引きこもります。ラジカセでジャズでも聴きながら年越しです。

                                   以上
スポンサーサイト

テーマ:日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<NHK-FMの「アコースティックギター特番」15時間生放送は良かった | HOME | 求人自体が激減してますね・・・>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |