うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

テレビ依存か・・・。

今週、金曜日の雪は積雪自体は20cmにも満たないと思うのだが、早番の
出勤時間(僕は午前5時頃)に勝ち合った。フロントガラスの雪落としや、お湯
をかけて溶かしたりと、面倒な作業があるので、普段より早めの準備、出発を心
がけた。

午前4時50分頃出発。工場までの道中約42km、村田を越えれば大丈夫。
槻木大橋手前くらいからは大丈夫・・・と考えていたら、どこまでも雪道・・・。
「あれっ!?」

我がの町内の路面は完全凍結。除雪も入ったみたいだが、除雪後の路面は既に氷だ。
荒れ放題のスケートリンクか?氷の上を走行するので、グリップしにくい。4駆でも
スピードは上昇しない。というよりも、横滑りが恐いのでスピードを出せない。
町内でのスピードは約40km/h程度。

場外競艇船券売り場付近の峠を越える辺りでようやくまともに走れるが、恐くて
速度は出せない。そんなこんなで亘理町までずっと積雪有りの状態。これでは
時間がかかるわけで、一時間弱で到着。通常の8~10分程度の遅れがあった。

海側の亘理町辺りまで水分多目の積雪があったのは、おそらく春が近付いた証拠
でしょう。寒い時期12~2月に積雪が多いのは主に山側なのですが、平野部、
海側にまで積もる事はほとんどなく、春先の3月辺りにようやく海側で積もる程度。

「春が近付いている」という事なんでしょう。

などといえ、来週はさらに積雪の恐れがあるとか・・・。水分を多く含む雪は
厄介で、ベタベタと走行中にフロントガラスに張り付くので「着雪」といい、
バカバカ降ると、華奢なワイパーなら重くてかき切れません。ゆえに冬用ワイパー
への換装が必要な場合もあります。

以前の車、トゥデイは1本ワイパーで、かなり強烈なパワーがあるのか、
着雪などものともしませんでしたね。

そんな金曜日、夜にはテレビ特番のルパンがラテ欄にありましたが、僕が利用
できる茶の間のテレビ前では、毎日親父がテレビを観ている時間帯なので諦め
ました。録画してもいいのですが、日テレ系はテレビ写りが悪い時の方が多い
ので録画も諦めました。

金曜日もまた、観なくても良い、どうでもいい番組を夕方から観ています。
23時くらいまで観ているようです。夜だけで6時間。朝などニュース以外に
連ドラBS2の本放送、NHK総合の本放送、昼間の再放送・・・3回みて、
夕方の再放送も時々観ている。アホか?

昔は俺などテレビの観過ぎを注意され、よく怒られたものだが・・・
立場が逆転。というより、長時間、テレビの前でよくもまあダラダラとできる
ものだ。テレビをダラダラ観ていると身体に悪いなと思うのは、電磁波とか
そういうものではなくて、思考力が低下し、自分で考えを処理する事が弱く
なっていくような気がする。

長時間、ただ漫然と観ているとボーッとしてくるじゃないですか。
集中して考えながら観ているのなら、また別なんですが、テレビの情報に
扇動されたりしませんか?それから、感情が薄らいでゆく感覚とかないですか?

家の親父は完全に「テレビ依存」です。

あと、言いたくはないが、テレビのリモコンを握り締めて観るのは止めて
欲しい。常にリモコンを握り締めて、チャンネルを頻繁に変えるのは、


観る必要性の無い番組から、

無理矢理観るための理由を、

探し出そうという行為なんじゃないか?


ならば、

テレビなど観なくてもいいだろう

と思う。

あと、テレビのリモコンを握り締めるのを止めて欲しいのは、リモコンが
ヌルヌルするからです。手のひらの油が凄いんです。ヌルヌルして、リモコン
の握られた跡に指紋が残り、テカッています。油断してリモコンを持ち上げると
手の中ですべってリモコンが落ちます。

何回か、僕がリモコンを取ろうとして手の中からすべって落とす事がありました。
最近は濡れた手拭でふいたりしていますが、拭いきれ無い時はアルコールが浸みて
いる、ペット用のティッシュで拭います。

まあ・・・手から落とすよりはいいでしょう。あと、当然なんですが、よく使う
テレビ局の番号は脂で消えています。

ちなみに、冬場は特に手の脂分が少なくなるのか、手のひらがかさつき、指先の
割れがよくでるので、それはそれで僕の悩みですね。


スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

多事他事雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<「ポニョ」地上波初、日テレの誤算。 | HOME | プリウスリコール・・・トヨタはえらいことになってますな>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |