うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

安彦良和氏の「ガンダム」

日曜日の夕方頃、福山雅治のトーキングFMを車中で聴きながら仙台市に向かう。
ちょっと本屋へ・・・という目的だが、まあ、遠いわな。田舎だから仕方無い。
某大型ショッピング・モールにある書店に行った。ここに、先日「買おうかな?」
と思った「虫の歌」(市川春子氏)のコミックスを探しに行ったのだが、無かった。

ああ・・・発売が11月で、12月頃に来た時は置いてあったような記憶があった
のだが、あてが外れた。せめて棚差しで1冊くらいないかと見ても無いようだ。
「キャラ道」を見つけてしまったけれど、今はカラスヤ氏のコミックスを手に取る
気分ではなかったのでため息をつく。

なにやらガンダム・フェアなのか、安彦良和氏と福井敏晴氏のコミックスと、小説
が目立つところで平積み、1コーナーを占有していた。安彦ガンダムこそ、「ガンダム」
という私にとって、魅力的なスペースだ。そういえばキャスバルがシャアと名乗る頃
からか、ジオン軍に入隊した頃の話辺りから読んではいなかった。

「ガンダムエース」を買うわけではなく、コミックス派ゆえに、巻数がある程度進んで
から、また読み始めようと考えていたら、既に20巻くらいは刊行しているようである。
その占有コーナーで改めて知った。だいたい11巻前後辺りから読んでいないようで、
後続刊行の分を一気に買いたいところであるがそれは我慢した。

ハードカバーの愛蔵版も5巻まで既に出ている。欲しいけれど、買えない。

日給月給の低所得者、ワーキングプア層の人間にしてみれば、趣味や道楽への出費は
抑制しなければならない。もう少し収入があれば、まとめて10巻くらい買う事も
できるのだが、勢いで手に取る前に急ブレーキがかかる。

待て!!今、それだけ出費すると後悔するぞ!!

と自制するわけである。新刊で大体5000~6000円程度の出費でこの躊躇の
仕方はホントに悲しい。買ってもいいじゃないか・・・とは思うのだが、それを制止
する気持ちは少ない給与や、先の見えない雇用情勢、生活不安が脳裏を掠める
からである。



まあ、結局、1ヶ月にこれだけ、と決めて買う事になるとは思うが、「不安」が
財布の紐を固く締め付けているのを実感する。



ブックオフなどで中古で購入すれば安く済むではないかという考えもあるが、
私は、新刊を買っていくらかの印税が安彦氏に入る方がいいと考える。
昔から尊敬する作家であるから、敬意を表したい。










まあね、道楽や娯楽に散財できるのは、何も考えていないか、金銭的に余裕が
あるかないかでやれるもので、金銭的に余裕がない人は我慢しなけりゃなら
ないのは当然だ。稼げなくなり、定期昇給も、時給UPも据え置きで、ボーナス
減額、ボーナスカット、給与減少では活力も下がるわけだ。

稼ぎが少なくて、金銭的に恵まれなくなっている潜在オタク層が金を持って、
使い始めたらとんでもなく経済効果は上がるだろうな。買うのをためらっていた
商品もドンドン売れる。DVD、ブルーレイ、デジタル家電なども売れる。
新刊の販売部数が延びると、作家もヤル気を出すかもしれない。




でも、今はデフレスパイラルに絡め取られてしまった時代だからね。

民主党批判が高まり支持率が下降しているようだが、自民党政権にまた戻りたい
のかねぇ・・・?結果と成果を求めるのは性急すぎると思う。金の問題云々で
停滞するよりも、すすめる事は色々ありそうなものだがな。

10年20年かけておかしくなってきた状況を、半年やそこらでなんとか
できるものでもなかろう。結局、自民党に政権を戻すための策略に見える
のだが、気のせいかな?ヤッパリ、自民党でなきゃダメなのかな?







スポンサーサイト

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ホント、オレなんかまだまだですよ、オタクとしては小者ですよ・・・ | HOME | 「海辺へ行く夏」「いるのにいない日曜日」三好銀「虫と歌」市川春子そしてゲッサン3月号>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |