うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

「です☆の~と 後編 ざ・らすと・ね~む」は11月3日から・・・。

平仮名でタイトルを書くとこんなにホンワカして楽しげな映画のようにも見えますね。
緊張感無しの脱力したタイトルを書いたのはワザとです。
真面目なファン、原作大ファンの方はべつにこの書き込みを読まなくても結構です。

僕は別にそれ程熱心なファンではありませんので、熱心なファンの逆鱗に触れるコトもありますので先に謝っておきます。
ゴメンナサイ・・・。
買ってしまいました・・・。



RIMG0304_640.jpg



おまけに付いた「DEATH NOTE」オリジナルロゴ入りボールペンは普通のボールペンです。
猫型ロボットの四次元ポケットから出てきたような特殊な機能は付いていません。
変な術がかけられているわけでも無い、普通のボールペンです。ええ・・・「おっさん何寝ぼけたコトいうとんねん!」とか言われそうですね、ハイ、寝ぼけています。

この映画、実は前編もちゃんと観てきました。ただ、上映中、尿意に襲われまして、話の途中から頭の中は尿意との格闘でして・・・「ちびまるこちゃん」でもこんな尿意に苦しむ話がありましたね。・・・一番緊張する場面でも、(地下鉄でファイルに名前を書かせるところ)トイレに行くタイミングを何時にするかで苦悩していました。
にもかかわらず、結局、膀胱炎になりそうなくらい尿意を我慢して最後のエンドロールで、レッチリの曲を聴いてからトイレにダッシュ!

ここ数年映画館から足が遠のいた理由はこれだったコトを思いだしたあの日。
失敗を繰り返さぬように今度は、上映前3時間は水分を取らないとかの工夫をするつもりです。

(この日も上映前2時間くらいは水分を取らず、座席に着く前にトイレに行って用をたしたのに、このていたらく・・・)

前編を観ているのにもかかわらず、後編を観ないという理由は無いかなと思い、前売りのチケットを購入してしまいました。
前編がクソミソにダメダメな映画だったならば、後編は絶対観ないに決まっています。
ソコソコ、ナカナカ、思いの他、許容範囲内の出来具合だったから、後編もまたソコソコ楽しめるのではないかと思い、どうせ観るコトになるのだから、前売り券を買ってもいいかな~と思っていたら、サンクスで前売りの広告が出ていたのが渡りに船でしたね。

後編のストーリーの予想ですが、どのキャラがどのように絡むのかは予想しにくいと思います。
前編でも映画オリジナルキャラが出ていますし、ラストのクライマックスの事件が、ライトと恋人詩織がデートしたことのある美術館で起きる立て籠もり殺人事件だし・・・。

原作通りの作品にはならないハズだと確信しています。
映画ですから・・・。


原作ファンのあいだでは、前編に関してのストーリーに納得している人達は多いのか少ないのかは分かりませんけれど、映画として楽しむぶんには、僕はソコソコよく出来ていた方ではないかと思います。
(以前「前編」を観た直後の書き込みの内容は忘れてしまいました。ここが納得出来ないとか、書いていそうです)

キャスティングをみると・・・(ポスター等)さくらTVのディレクター、ライトの大学時代の元恋人(忘れた!)、ミサミサ、L、ライト、総一郎、ワタリ、あとは原作後半に出てきたあの若い検事(忘れた!)らしき若者・・・。
あとリュークとレモ(ネモ?レム?どっちだっけ?合ってない、間違ってる?ゴメン)のCG合成・・・。

そうです。ポスターにも載らないあの二人がいません。メロとニアはこの映画のストーリーには絡んでこないのではないかと思われます。

映画版では最後までLとライトの対決で進行してゆき、映画版のLはノートによって死ぬ事はありません。
Lがライトに引導を渡して、ライトが死ぬ事で映画版は決着をつけるはずだと考えています。

原作後半のニアの活躍を、そのまま映画版ではLがやるコトになると思うのです。
そのことに強く違和感を持ってしまいそうな人は観ないほうが賢明かと思いますがどうでしょうね?実際のところは・・・。

「原作通りじゃない!」と納得されない向きは絶対観ないコト。
わたしはマンガ原作しか支持しないという向きのかたも止めた方がいい。

映画はね、わずか2時間弱の中で数年間かかって作り上げた作品をまとめるのだから、少々原作を逸脱しても仕様が無いのです。そういうコトを含めて理解できるヒトが映画を楽しめるのではないかと思うのです。

まあ・・・原作がマンガ、小説の類いは期待通りの映画になるほうが難しいと思いますが、去年観た「姑獲鳥の夏」は原作をそれ程崩さずに創られていたのでなかなかの佳作だと思います。監督も好きな監督でしたから・・・。







スポンサーサイト

テーマ:DEATH NOTE - ジャンル:映画

映画・ドラマ等 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<バス釣りのブームも少しは下火気味?かなあ・・・。 | HOME | 昨日は散々だったが今日こそは・・・。やっぱりダメなのか?>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |