うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「ガレキの翔」=「ガレージキットの翔」なんですが、なんだか残念です

正直なところ、古本屋でたまたまみかけたので、定価の半値で購入したこの1冊。
「ガレキの翔」なのだが・・・。読了後、というよりも読み進めるうちに、どうでも
よくなってきて、「これは・・・他の連載にチカラを入れていたので、こちらが
おろそかにされたのだろうか・・・」と勘ぐるほど、「吼えよペン」などと比較
すると格段に質が、レベルが下がっているような作品であった。

残念ながら・・・笑えないのだ。

初出はおそらく1995年ちょっと前くらいに、少年キャプテンという少年誌で
描かれたものだそうだが、あとがきマンガにて、











「先生!!もっと『島本和彦』を

大事にしてください!!」




と、「担当編集者に言われました」とのくだりに苦笑した。
そうか、連載当初でもそう思われていたのだ。なんだか、残念な仕上がり具合に、
「オレもそう思います」とうなずいた。

この作品が描かれた頃、ガレージキットというものが、というよりもフィギアという
ものは、一般的には認知度は低く、プラモデルなどを趣味にする人達の間でも、その
辺の初級クラスでは手を出さない領域、上級者モデラーの領域にあったような・・・
と個人的には思っていた。

限定生産、数量が少ないという入手の困難さや、組み付け、自家塗装(エアブラシ等使用)、
改造、仕上げ等々の手間隙と丁寧なつくりには、それなりの技術が必要な領域なのだと
思っていた。



ガレキの翔 (FOX TIGER COMICS)ガレキの翔 (FOX TIGER COMICS)
(2006/10)
島本 和彦

商品詳細を見る



だから、ガレージキットを扱う作品なのだから、それなりに詳しくてマニアック
な話が楽しめるかと思えば、少年誌ゆえにバトルもの展開。フィギアを造るのに、
勝負が始まる。青年誌ならば、もっと掘り下げた姿勢でモデラーの世界を堪能
できたかもしれないが、少年誌だからなのか・・・残念な勝負事の展開にため息。

しかも、集中線等々の背景描写が雑。主要キャラ以外の脇役キャラもなんか適当に
描きながしている感じがして嫌な雰囲気を感じ、「吼えよペン」では見られない
ような手抜き感覚に読む気がうせるのを感じた・・・。

Amazon等のレビューを読むまでもない。俺なら贔屓目に☆をいれても星二つだな。
☆☆・・・ですよ。

ただ、もっと残念なのが、あとがきマンガの方が面白いというのがガッカリ
させてくれる。


島本和彦を大事にしましょうよ。先生!!


っても、1995年くらいの頃の事だし、昔の作品を取り上げてどうこう
言っても仕方無いか・・・。

「アオイホノオ」は面白いから、まあ・・・オレがこらえればいいだけの話かな。



アオイホノオ 4 (少年サンデーコミックススペシャル)アオイホノオ 4 (少年サンデーコミックススペシャル)
(2010/06/11)
島本 和彦

商品詳細を見る



4巻はたしか・・・庵野さんのペーパーアニメが素材の話やら、どんな作品なら
周囲の若者は読みたがるのかとか、ソニーのウォークマン登場の衝撃やらの、
80年代という時代の中でもまれる焔燃君の大作家芸術大学での生活を描いた
自伝的フィクションです。と、言えばいいのかな?

4巻は既刊1~3巻よりは少しトーンダウンしているような気もするけれど、
漫画家になろうと画策しつつも、ちょっとそんな事は後回しにしている焔君に
「ああ・・・こうやって何もしない、やらなくてウダウダするのも若者らしいな」
と共感したりする。緩い作品の中に、時折挿入されるマンガネタ、アニメネタに
うなったり感心したりする人は、僕と同世代の方々でしょうね(笑)。


ああ・・・あとは特撮ネタ。

「ウルトラセブンのフクシン君と、同じ(似たような環境)だからいいんだ!」
と、庵野君が言うが、「そんなの誰もわかんねぇよ!」が普通だろう。
「おっと、ここでフクシン君の話がでるのかね。あれはペロリンガ星人が・・・」
などと、ブツブツ言っているのは同胞でしょう。まあね、僕の場合セブン好き
ですから、大雑把にでも覚えているものです。
(合っているよね?ペロリンガ星人で・・・)

そして、作中の焔君同様、僕も、実は東宝系特撮映画には疎かった(笑)。



スポンサーサイト

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<「ワンピース」新刊コミックスに何故?・・・万引き防止か? | HOME | 盆休み突入~クレイジー・クロゥラーを改造・ブラスを入れてみた>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。