うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

子供手当てを増額支給する事を検討中?

むむむ・・・。盆休みに入り、旅行にもいくあてもないので自宅でPCに向かう
時間が増えていますな。8月15日を前に、6日、9日は広島、長崎の原爆被害
の追悼関連のニュースや番組を観ますね。そして、夏の高校野球。

プロ野球では巨人と阪神が日替わりの首位攻防戦の日々。なにやら、今では阪神が
1.5ゲーム差で2位に甘んじているようですが、くそ暑い今年の夏を乗り切って、
失速せずに秋の終盤戦まで頑張ってもらいたいものです。

そして、ねじれてぶれまくっているこの国の政府。子供手当てを増額して月額
ひとり頭18000円の支給を目指すとかなんとかやっていますが、大丈夫なの
でしょうか?確か・・・満額支給は26000円でしたっけ?

満額支給が無理だから、

「すんません・・・やっぱり無理なんでまけてくれませんか?」

「だいたい12000円くらいならなんとか・・・いけそうなんですけれども」

と、消え入るような声で言ったかどうかは知らないが、そういう風に国民の
顔色をうかがってみた民主党。

「てめぇ!!満額支給できるとかぬかして、ここで出せねぇというか!!」

「公約違反じゃねぇか!!嘘つき民主党め!!」

「『財源はあるから大丈夫』っていうのは嘘だったのか?詐欺だ!!」

と、手のひら返して民主党を叩いた時は、鳩ぽっぽが首相の頃ですか。
まあね・・・。すでに支持率急落している要因をおぼっちゃま君と、傀儡師
が色々とやっちゃってますからね。

んっでもって、ぽっぽが退いて、道ずれに傀儡師を引きづりおろし、管さんが
首相になれば、「公約は守らなければならない」という呪いをかけられ、うや
むやの内に参議院解散総選挙とかやれば、「消費税増税論」を物凄い間の悪い時
に掲げたために民主党は国民に嫌われてしまいました。


「空気読めよな・・・」


と、管直人首相に「なんでやねん!!」とつっこんだところでしたね。
そして、高速道路無料化実験が行われたり、普天間基地問題とか色々ある現時点
で再度話題が集まったのは「子供手当ての増額支給」の話です。

ひとり頭、月額18000円の支給額の提示にまたまた異論反論オブジェクション
ですか。金なんかあんまり持ってないよ・・・と常々個人的に言っていますが、
日本も国債乱発、借金しまくりで、どこから金を、財源を引っ張ってくるつもり
なんでしょうかね?

子供手当てを増額した分は、どこかで何かの財源が削減されるのではないですか?

その辺がはっきり解からないので不安です。
詳細は知らないので、なんとも言いがたいです。
ただ、子供手当ても一応は福祉の一環と考えれば、それなりに効力はありそう
ですが、現状の社会情勢、この不況下に適合した社会保障とは思えませんね。

子供手当ての充実よりも、親世代の事情を考慮すべき問題の方が大事だと思いますよ。
非正規雇用者、正規雇用者に関係なく、雇用不安はありますし、両親が共働きでない
と生活できない世帯も多く、0歳児~幼稚園辺りの年齢の子供達を育てている家庭には
特に、安心してあずけられる保育施設、保育環境の充実が急務のような気がします。

子供をあずけられないがために、働く時間が制限されたり、働きに行けなくなったり
する家庭では、両親のどちらかが頑張って働くしかないのですが、今の御時勢では、
正社員も派遣社員もどう転ぶかわかったものではありませんよ。親類縁者、親兄弟と
疎遠な核家族が多い現在、共働きでないと、いざ失業した場合に家庭を経済的に支える
柱がなくなりますからね。

5年後、10年後・・・いや、2ヵ月後、3ヵ月後、半年後という短いスパンで
「働けるかどうか」という不安に押しつぶされそうな非正規雇用者が全労働人口の
約1/3も存在しているのですから、そういう親達の雇用環境もなんとか考慮して
いただきたいものです。

(企業側としては労働力は安い方がいいので、国があれこれ言って、派遣労働法を
いじくっても、形だけは正規雇用だが、その実態は体裁のいい正規パートタイマー
や、正規アルバイトみたいな短時間正規雇用労働者という雇い方など考えそうですね)







書き出しは昨日でした。日付変わって11日水曜日。


国の借金900兆円突破

6月末GDPの1.9倍に

という新聞1面トップの記事にギョッとしました。
夕方、雷雨のために釣りを中断して帰ってきてから、ウェブ上の新聞で記事を
探すと見当たりません。河北新報、朝日新聞、日経新聞等々を眺めてもそれらしい
記事はなく、「大した話じゃないのかな?」と思いましたが、新聞記事を眺めている
と、冗談ではすまされないと思いますよコレ。

2009年度の名目上国内総生産476兆円の約1.9倍。7月1日時点の人口推計
(約1億2742万人)で割ると、1人あたりの借金は約710万円になるとか。


先進国の中ではアメリカ、ドイツなどを大きく引き離し、財政危機に陥ったギリシャ
をも上回る水準。政府は6月に財政再建計画を策定したが、目標達成は一層困難に
なってきたとかなんとか・・・どないすんねん。


なんやらグラフとかみると、2000年度辺りで約500兆円の借金があった。
そこからは右肩上がりで2005年辺りから800兆円突破し、チョロチョロと
上がったり下がったりしていたが、’08年12月のリーマンショックから勢い
を増して900兆円を突破しちゃいました。


子供手当て増額云々よりも、まず、なんやかんやで、日本の国外に払っている
寄付金的なものを減額、または削減する事はできないものなのだろうか?素人考え
だが、山のような借金を抱えて、どこそこの発展途上の国へ寄付金を・・・って
おかしくないか?

「先進国」日本ではなく、「後退国」日本になるばかりではないか?

もうね、見栄を張っていい顔しようとしても、笑顔が引きつるばかりですよ。

そういえば、先進国といわれる中で、日本は一番税金が安いとかなんとかききました。
でもね、バブル時代の頃、税金収入が多くなって、余裕があるからその分を国民に
還元しようという事になって、各自治体に1億円がばらまかれた事がありました。

使い道は各自治体で考えるように・・・という丸投げですわ。それをやったのは
自民党ですがね。その程度ですよ、税金が豊富な時にやる事は。
「アホか」と思いましたね。

税金を沢山集めても、目に見える生活に根ざした公共サービスの改善なんて、
政治家はなかなか考えられないようです。自殺者が多数出たり、犯罪が増えたり
しないとなかなか動きません。

仕方ないから増税するよりも、それぞれの国民がそれなりに税金を惜しまずに
払える状況、方向に向かえば消費税増税も納得できます。けれど、内需拡大に
至る道のりはまだ遠いような気がします。




スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

多事他事雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<トップで釣りたいと思ったけれど、かなわず。 | HOME | 「ワンピース」新刊コミックスに何故?・・・万引き防止か?>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。