うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

嫌われているなぁ・・・日本。「日本人を皆殺しせよ」とか言うなよ。

帰宅して風呂上りに朝刊を広げる。1面には中国国内の「反日デモ」についての
記事が掲載されており、

「まだ、続いているんだ。鎮圧できないのか?それとも黙認しているのか?」

と、いうのが個人的な「中国国内の反日デモ」に対するおおまかな見方。
内陸部で反日デモの暴動が起きているそうだが、中国のどこでどんなデモが
起きているのかを一々関心を持ってニュース記事を読む気になれない。

ネットでの情報統制、テレビやラジオ、学校教育での反日教育、国上げての
プロパガンダで「日本は悪者」だ。


「日本を滅ぼせ!!」

「日本人を皆殺しにしろ!!」

「日本と断交せよ!!」



・・・等々と、反日デモで掲げられるプラカードには穏やかでない
罵詈雑言が書かれ、日本を罵倒しつづける人達がいる。

日本側も困るけれど、中国側もおおいに困るのは、国交断絶。
日本企業が総撤退すると、日本側も困るけれど、中国側も職場が無くなる
事でおおいに困る事になると思うのだが、そこまでは頭が回らないのだろうね。
デモを推進している人達はさ。

日本が困るのは、工業、鉱業、食品、農作物等々中国側で作られる製品や商品は
多いから、中国からの輸入がなければ、日本全国民の生活が破綻する。

安価な衣服は、ほぼ100%近くが中国製でしょ?ホームセンターにあるような、
生活用品や安い道具、機械部品、機械等々や、ケミカル製品等々、あらゆるもの
が、中国か韓国製だ。国交断絶すれば、ホームセンターはほぼ全てが倒産する
だろうし、中国製品が無くなれば、あらゆる分野の商品が価格高騰するな。

まあね・・・反日デモを真に受けて、どうこうする事は無いはずだが、それでも
「日本人を皆殺しにせよ!!」などと言う発言には参るね。
そんな、ナチスの大量虐殺を想起させるような反日教育が行き届いている国と、
「友愛」の精神でどうのこうのする気持ちは失せるよ。悲しくも残酷な事実だね。

そうそう(笑)

この前、仙台の某家電量販店にて、大勢の人達が買い物をしている光景を見たのだが、
中国人観光客のツアー客、御一行様がたが、大量に買い物していましたよ。

たまたま、ウォークマンとかの携帯音楽プレイヤーのコーナーを覗いていたら、
1人で5~6台纏め買いする人がいて驚いた。若い人が多かったけれど、アレって
行列をなしてまで買うものかね?といぶかしく見ていたら中国語が漏れ聞こえたから
納得しました。(15人くらいレジに群がっていました)

日本を滅ぼしたら、こういう工業製品は自分らで開発して製作しないといけないよ。

偽物ばっかり作る技術はあるけれど、商品開発できない国がそんなにふんぞり返って
いいものかね?

そういえば・・・中国に、こちら側から、何かしらの援助のために億単位の膨大な
金額が送られていなかったっけ?なんという名称のものかは忘れちゃって申し訳ない
が・・・それって、日本国民の税金だよね?釈然としないよな・・・。

「滅びろ!皆殺しだ!」とか言われて、ほいほいと送金するのはアホらしくないか?

そんな野蛮な国に送金するぐらいなら、国内の国民のための福祉の充実に充当して
もらいたいなぁ。







スポンサーサイト

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

多事他事雑記 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<某ショッピングモールの本屋は、ダメなのでTUTAYAに行けばあるかな・・・ | HOME | 飲酒量を制限しすぎていたのでつい・・・。>>

この記事のコメント

中国に関しては国が巨大なので、千差万別って事で考えています。親日な地域も存在するハズです、きっと。日本国内ですら理解できない人達は存在しますからねぇ(増加中?)・・あの大きさでは・・。
2010-10-30 Sat 00:13 | URL | ハミィ [ 編集]
> 中国に関しては国が巨大なので、千差万別って事で考えています。親日な地域も存在するハズです、きっと。日本国内ですら理解できない人達は存在しますからねぇ(増加中?)・・あの大きさでは・・。

まあ・・・集団ではこうだけれど、個々人は結構親日派の
方々もいるでしょうね。
2010-10-31 Sun 00:17 | URL | 森山ネム太郎 [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。