うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

最近・・・多いなあ。

最近、報道で取り扱われるコトが多くなっているね。
いじめを苦にした中高校生の自殺。このごろは小学生も自殺するようなコトもあるようで、
最近特にこのての報道が多くなっているのは、それだけ社会も世間も「いじめ苦による自殺者」の多さに気付いている証拠であるし、「何とかしなければならない」案件(出来事、事件)になってきているからであろう。



真面目な性格ゆえにこういう社会問題?(マスコミが問題化しているようなモノだけれど・・・)
についても考えてしまいました。
携帯なんかで毎日ニュースのサイトを覗いてみると・・・毎日、毎日、自殺、自殺、自殺・・・いじめ、いじめ、いじめ苦で・・・自殺、自殺、自殺・・・。


国が動かないとダメみたいなようですが・・・教育問題?親の育て方?地域の連携?
人間関係のほつれ?
・・・まあ若くして強烈ないじめによるストレスを抱えて生きていくのは辛いコトだよ。

これから死のうと考えている自殺志願者を引き止める気持ちはサラサラ無いよ。

「人間、産まれてくる時も一人(双子とかは除く)、死ぬ時も一人」という言葉を思い出した。
なんだっけ・・・マンガ、小説の類いで読んだコトもあるけれど、確か「寅さん」の映画の劇中で偽者の坊さんに化けた寅さんが、葬式の参列者に向かって説く法話の冒頭で語るこの言葉。
みょ~に覚えている。なんでだろう?




こんな事を云っていたような気がする。
「人間、産まれてくる時も一人、死ぬ時もたった一人であの世に旅立たなければなりません。しかし、そうはいっても人間たった一人で生きているわけではありません。多くの人々に関わって生きていかなければなりません。生きていくには楽しいコトや、幸せなコトばかりではありません。辛くて、苦しくいコトもあったでしょう。時には人をねたみ、苦しめ、憎んだコトもあるやもしれません。そんな艱難辛苦を乗り越えて、生きてきた故人を偲び、こんなにも大勢の方々が参列してくださったのは故人の人徳の成せるわざだと思うのです。云々・・・」
長い言葉ゆえうろおぼえで、正確、的確なコトを書いているとは思えないけれど、こんな具合の話だったかな・・・最後の方では、参列者を相手に面白おかしいやり取りをするのは寅さん流。


まあ何をつかんでもらいたいかというと、
「人は人と関わって生きていくコトで、人間として生きていける」というのがこの法話の主題なのではないかな?
山田洋次監督の真意はしらんけれど・・・。


まあ死ぬ前に山田洋次監督作品の代表作「寅さん」シリーズとか、
「釣りバカ日誌」とか観てみよう。日本映画のスタンダード・コメディ映画。
時代を越えて「得る」ものはあるかもよ。


死ぬ前に泣くより、笑いたくないか?
苦しいコトよりも、楽しいコトをしてみないか?

最近、楽しく笑ったりしたことがあるかい?

そういえば、ブログのわきっちょ見ると「ハガレン15巻」がでるみたいだね・・・。「のだめカンタービレ」もまだ既刊本で未読のヤツもあるし、アノ「20世紀少年」も「モンスター」もちゃんと読みたい。

京極堂シリーズの新刊がでたらしいが、前の巻・・・途中でやめたな。
殺人がおきたあたりで・・・。宮部みゆきの本も途中だし・・・。

煩悩が多すぎるので、いじめられても死にそうにありません。
ちなみにオトナになってもいじめられる人はいますし、
僕もいじめられました。今の会社で・・・。

みんないじめられている事は知っているけれど、
嫌がらせを受けている事は知っているけれども、具体的な解決策は施行されず、
長期間放置!!


約2年くらい耐えて、今も同じ部署にいます。

現在、いじめていた人側と和解し、何とかやっていますが、
つぎにいじめられる標的が変わっただけです。
原因が・・・あいまい。「むかつく」くらいの理由ですか・・・。
精神的に子供なオトナ(53歳)ですから、係長、以下全ての同僚達が手を焼いている大ベテランです。(仕事はできるヒトだから、その部署から追い出す事ができないのですね、困ったもんです)



「いじめも仕事のうちだ・・・」はこのベテランの発言。


学校に通っているうちは、先生に「いじめ」が起きている事実を知らせる手段はあります。
自殺する前に試す価値はあるでしょう。
「死ぬ」勇気と勢いがあるならば、最後にやっておいて損はない方法があります。


ただ、頭の中で考えて、イメージするだけで押しつぶされてしまいそうならば、
考えず、ヒトの話を訊かずに実行すること・・・。


必ずひとりで実行すること・・・。




まずは考えてみよう。




それでも死にたいかたはどうぞ。
死んでも、いじめた奴等は笑って生きて、すぐに忘れちゃうよ。

そんなもんです。「いじめ」を苦に自殺したヒトの扱いなんて・・・。
スポンサーサイト

テーマ:いじめ - ジャンル:ニュース

多事他事雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<「リアル~6巻」11月17日発売~今週のYJは戸川が表紙! | HOME | 「のだめカンタービレ」を読む~5巻から>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |