うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ライフライン寸断後に困ったのは「トイレ事情」かな・・・

震災後、色々な物資不足にライフラインの寸断。困った事は数あれど、何が困るかと
いえば、やっぱりトイレの問題。おしっこを我慢して、水分不足になり、脱水症状に
陥ったり、昨今ではよく知られるエコノミー症候群なども水分不足と同じ姿勢で動か
ないのが要因とかなんとか・・・。

特に大物、大の方は特に男女関係無く困るところ。水洗トイレが普及しているので、
出した物を自分で流す行為に、「初めて」の場合、とっても情けなくて悲しい気分
になった事を思い出します。(阪神淡路大震災の時に体験)

用を済ませて、用便を流す際、使用済みのトイレットペーパーやポケットティッシュを
一緒に捨てて流すと、思った以上の水が必要な事が判ります。水が豊富にストックされて
いるのならいざ知らず、非常時ですので、極力水の使用を少なくしたい。また、使用済み
の紙が十分に溶けず(水流があればほどけるように溶けます)に、パイプに詰まりを起こ
して、汚水が逆流するとか、浄化槽のバクテリアの活性化を妨げるとか、色々あるので、
使用済みトイレットペーパーを流さない方法をとると、水の使用は通常の半分くらいで済み
ます。

10ℓのバケツなら約5ℓの水量でスムーズに流せます。(便器内に直で水を投入)

家は山間部の寂れた別荘地ゆえに、1件毎に浄化槽が設置されていて、震災後2~3日
は使用済みの紙も一緒に流していましたが、風呂場を往復する回数が多いうえに、徐々に
食事が貧相になってゆくに従って体力も落ち、浄化槽の心配と不安が立ち上ってきたので
「紙を流さない」方式を提案。

即可決し、神戸の地震の時のように使用済みトイレットペーパーは小さく畳んで、B5
サイズ程度に切った新聞紙にまとめて握りつぶし、小型のビニール袋か、コンビニ袋に
まとめて可燃ゴミにします。今回はフタ付きバケツにビニール袋を張って対処しました。

アウトドアでの野糞の作法では、あらかじめスコップで穴を掘り、用を済ませたら紙を
ライターで燃やし、用便は土で埋める・・・というのがありますが、家の中ではこの
方法が生かせます。

ただし、避難所ではどうなんでしょうか?仮設トイレがあれば汲み取りタイプか、簡易
水洗タイプになるとは思いますけれど、それなら紙の心配はいいのですが、通常の水洗
トイレだと、この方式でやっているかもしれませんね。

で、問題はその後。手洗いが問題ですね。少々の事なら気にしませんが、う○この後は
手を洗いたい。消毒用アルコールがあればいいのですが、非常時ゆえになかなかうまく
ゆかない時は、焼酎などの蒸留酒を混ぜたアルコール水を緊急用に準備するのもいいと
思います。(神戸の時は俺の「よかいち」が泣く泣く使われてしまった・・・)

でもなぁ・・・それも用意できなければ、直接、手に便が触れたわけではないのならば、
「私はう○こなんかしていません」と自己暗示をかけるくらいですかね・・・。

まあね、海外では紙で拭く文化がなく、手で直に拭うところもありますから。その場合
は小さな手桶に汲んだ水で、尻を洗いながら清めるとかなんとか・・・。海外旅行を
何度も経験している妹など、「紙がなければ水で拭く」というので、オレなんかよりは
随分たくましいもんです。






しかし、腹減ったなぁ・・・。


マルタイラーメンはまだ出し惜しみして、最後の砦みたいなことにしているので、






未だに朝晩共におかゆと味噌汁だもんな・・・。




全国で食料、飲料水、燃料等々の買占め、買いだめが横行しているようだけれど、
こっちは買い物にいっても、必要な食料よりもお菓子、ガム、栄養ドリンク、酒類
が残っているという有様なんですよ。(今はもっと入手できないかもしれない)






まあね、カンパンを砕いて、お湯でふやかして食べている入院患者さんもいる
病院の話をきくと、まだまだ「おかゆ&味噌汁」なんて贅沢なんでしょうけど。



でも、このままだと、仕事に行けるようになっても体力、持久力に自信が持てないな。

今日、会社の担当から連絡があって、

「もし、出勤できるようでしたら、明日でられますか?」

もちろん、こちらの車通勤が燃料不足で難しい事を承知のうえで、誰かと乗り合い
で出勤するか、送迎するかという方法での出勤。

「ええ・・・出勤できるなら行きたいですね。

ただし、現状の体力には自信はありませんけど」

と、応答・・・。担当、しばし沈黙。


結局、その後の電話連絡を待って、話がまとまらず、とりあえず自宅待機と
いうことになった。はてさて、どうなることやら。

せめて来週からでも仕事に行きたいね。

原発事故の問題で、親父が「避難する」とかなんとか、昨日から騒いでいるのを
見ているうえに、関連ニュースを延々長時間観続けて、「避難準備」を煽るので
こういうのがストレスになって嫌になっている。

早く出勤して働きたいよ。



スポンサーサイト

テーマ:地震・天災・自然災害 - ジャンル:ニュース

多事他事雑記 | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<深刻な燃料不足に、出勤できず、自宅待機がつづく・・・。 | HOME | とりあえず無事生きています~東北関東大震災>>

この記事のコメント

私も、宮城県南在住ですが、被害が少なくてなによりです。

灯油、ガソリンは入手困難ですね。(現在、私も水が漏水してだめです)

食料は、近くの農家に分けてもらうとか、どうなんでしょう?

後、質問ですけど、阪神大震災はどれくらいで、元の生活にもどったんでしょうか。 
2011-03-19 Sat 19:00 | URL | 健康 [ 編集]
はじめまして。灯油、ガソリン等の入手困難な状況は未だ解決
していませんね。今日も情報に翻弄されて無駄に走って、残量も
すでにエンプティ寸前になりました。
(長蛇の列に並ぶのを諦めてUターン、帰宅しました)

軽自動車で少々燃費が悪いフルタイム4WD。リッター15Km
なんで、あとどれくらい走れるのかが心配です。

食料なんですが、普段、日常的な近所付き合いのある人から味噌を
わけてもらったり、農家でコメを販売(道の駅で販売しているような方)
している人に売ってもらったり、していますが、買い物に行けない
状況なので、家の中の備蓄食品でなんとかやっています。

が、どんどん食材が尽きてきて、心細いですね。

ジェットインターネットで口コミ地域情報などをのせる無料サイトが
先日開設されたようですので、そちらも参考にされてみてはどうでしょう。

http://119.jet-net.jp/

まだ情報は少ないですが、ある程度の参考になるかもしれません。あとは
各市町村のHPも災害用サイトが開設されているようです。

なお、ライフライン復旧に関しては被害の大きさにより各地域によって
まちまちです。神戸の時、灘区、東灘区の復旧は電気が約1週間。次に
水道で約2~3週間。都市ガスは一番遅くて、早いところでも1ヶ月、
ぼくらが住んでいた灘区、東灘区近辺は約2~3ヶ月はかかったような
記憶があります。
(銭湯に結構通ったような記憶あり)

ここまではライフラインの話。交通機関では、阪神、JR、阪急の電鉄
が全て通じたのは半年以上。阪神高速はちょっと忘れました。
倒壊家屋撤去は半年~1年くらい。倒壊マンションは、それぞれバラバラで、
住民のエゴや諸事情のぶつかり合いで、ちゃんと立て直すのに2~3年
もめるのも珍しくない。

なんとなく町全体が、綺麗に収まっても、仮設住宅は4~5年は残って
いる場所もありました。その後は地域のコミュニティから離れていった
高齢者の孤独死が増えて・・・等々、今でも怪我や精神的な後遺症で
悩む方々もいるくらいですから、問題は未だ解決していない事もあります。

色んな不安とストレスで、不安定になるとは思いますが、ひとつひとつの
課題を無理せず、こなしてゆき、落ち着いて行動し、考え、頑張りすぎない
ようにすることです。頑張りすぎて、体調を崩す場合があるので、考え方に
緩さを持つことをお勧めします。

まあね・・・神戸の時は僕も、なんか精神的におかしくなる寸前までいった
ような気がするけれど、親姉妹には隠して我慢し過ぎた覚えがあり、もっと
身内に相談すればよかったと思いました。

いや、それよりも、こういうネット文化があの時家にもあれば、色々吐き
出してスッキリしていたかもしれませんね。参考になれば幸いです。

2011-03-20 Sun 00:15 | URL | 森山ネム太郎 [ 編集]
いろいろ、貴重な情報ありがとうございます。

復旧までだいぶ時間がかかったんですね。

ガソリンに至っては、新聞配達が全く機能していないところをみると、入手時期の予測を計ることができません。(灯油も品切れ)

それから、意外なのは昔からの商店街が開いていたりするところですかね。
2011-03-20 Sun 13:48 | URL | 健康 [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。