うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

彫刻「帽子・あぐら」「支倉常長像」 佐藤忠良氏が死去

自分の周辺をみると、一大事なのは通勤、生活の足でもある車の故障なのであるが、
本当は昨晩、とはいえ日付かわって今日の朝方にコメを入れる予定だったのは彫刻家
佐藤忠良大先生の大往生に関する記事について書きたかった。



彫刻「帽子・あぐら」「支倉常長像」 佐藤忠良氏が死去

--------------------------------------------------------------------------------

 彫刻家で東京造形大名誉教授、河北文化賞受賞者の佐藤忠良さんが30日
午前8時16分、老衰のため東京都杉並区永福の自宅で死去した。98歳。
宮城県大和町出身。葬儀・告別式は近親者のみで行う。喪主は長男達郎氏。

 宮城県丸森町で幼少期を過ごし、東京美術学校(現東京芸大)彫刻科卒。
舟越保武氏(故人)らとともに新制作派協会彫刻部の創立に参加。ロダンの
生命主義に強い影響を受け、具象彫刻一筋に歩む。

 兵役、シベリア抑留の後、1952年に発表した「群馬の人」で高い評価
を受けた。代表作は「穢(きたな)づくりの顔」の作品群、「帽子・あぐら」
(73年)をはじめとした帽子シリーズなど。深い人間観察で戦後彫刻をリード
し、70年代以降は洗練された感覚で現代的な作風を確立した。

 東北との縁は深く、河北美術展では、彫刻の公募が始まった69年以降、
審査員を11回務めた。「彫刻芸術と地方文化の振興に寄与した」という理由で、
第41回河北文化賞(91年度)を受賞。「支倉常長像」「緑の風」(仙台市
彫刻のあるまちづくり第1作)などの野外彫刻がある。
 
 パリの国立ロダン美術館など世界各国で個展を開催。芸術選奨文部大臣賞など
受賞多数。90年、宮城県美術館隣に佐藤忠良記念館が開館し、全作品を寄付。
2000年、宮城県美術館名誉館長に就任した。



2011年03月30日水曜日




河北新報からの引用です。コラムでは絵本「大きなカブ」の話も登場し、名前より
美術の教科書を開けば直ぐにそれとわかるブロンズ像の作品を観ればよい。

「ああ・・・この作品の制作者なんだ」

と、作家名をみて改めて知る人もいるでしょうが、それくらい有名な人です。
「長崎二十六殉教者記念像」の船越保武氏 http://ja.wikipedia.org/wiki/ とも
交流がある著名な彫刻家です。つねに対象を見て描き創る方で、随分前に見たNHK
のドキュメンタリーでも、大きな彫像(粘土)に対峙して汗をかきながら戦う姿が
とても活力溢れて印象的でした。

真摯で偉大なる作家が、出身地宮城県の大災害に寄り添うように老衰で最期を
迎えるとは、なにかしら意味があるような気もします。

スポンサーサイト

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

多事他事雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<週刊少年マガジン17~18号を手に取り思う。 | HOME | ああ・・・このタイミングで逝ったか、オレの車よ!!>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |