うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

母方の祖母逝去。享年98歳・・・大往生ですな。

今週はGW終了間際にドタバタしてましたな。5月4日に母方の祖母が亡くなり、
享年98歳で大往生し、通夜、葬式でバタバタしてました。うちの親達や母方の
親戚縁者、そして留守を預かる俺と猫達・・・。俺は基本的に「猫」担当で、母
は、自分の親ですから当然で、父は嫁の実家に顔を出さないわけにはいかない。

まあ・・・葬式とはどこでもバタバタするもので、こんな俺でも一応通夜の前日、
4日の夕方には斎場に行き、祖母に手を合わせて見送りました。昔、すい臓癌で
逝去した父方の祖父の死に顔を見て以来ですね、祖母の顔を見ました。死に化粧
されていて、なんだか映画のセットの一部のような質感でしたね。

祖母は認知症になり、特別養護施設に入所しかれこれ10年以上いたのかな?人の
顔も忘れているようで、5~6年前には家の親父の事も忘れていました。当然、孫
のオレの事など存在すら忘れているでしょう。1回ぐらい顔を見せに行こうかとも
思いましたが、自分の娘(家の母)の事もぼんやりして忘れかけているようなので、
その話を訊いて、行く切っ掛けもなんとなく失いました。

一応、月に2~3回は家の母の兄妹が時々面会に行っていたようです。死因は肺炎
のようで、それによる呼吸器不全による心配停止です。大震災の因果関係はない
ようです。そういえば、震災の影響で火葬が出来ないという自体がありましたが、
今は騒動は落ち着いたようで、無事に火葬する事ができたようです。でも、火葬場
は、かなり混雑していたようで、順番待ちではあったようですが・・・。


まあ・・・今回の祖母の死に関してはそれほど実感も薄い。なぜならば、会った事
があるのがはるか大昔の事で、小2ぐらいに会ったような記憶がぼんやりある程度。
どういう婆さんだったかも今一覚えていない。転じて、死してなお、強烈な印象を
残したのは父方の爺さん婆さん。特に婆さんにはよくしばかれた(笑)

故いかりや長介さんが割烹着を着た婆さんの扮装をした格好は、まさに家の婆さん
ソックリ(笑)ドリフの昔のコントを観て、この扮装のいかりや氏が登場すれば、頭を
バシバシはたかれた記憶が蘇るのだ。

爺さんは小刀ひとつで器用に木材を削って、工作する人だったので尊敬していた。
家には爺さんの作った簡素な神棚と、帆掛け舟の作品が2つあり、神棚を作る時は
作業工程をじっくり見たのだが、図面もなく組み立て、工作するなど、今でも俺には
できない。作るとすれば、必ず簡単な図面を書かないと自分はできない。終戦で焼けた
家を、もう一度1人で建て直した爺さんだ。

そんな爺さんの作品とは知らずに遊んだ、あの古い木造のつぎはぎされた変てこな家は、
すでに爺さん婆さん存命中に一戸建ての新しい家に代替わりした。神戸市垂水区で、井戸
と薪炊きの風呂という組み合わせはなかなか良かった。面倒だったけど。

薪割りして風呂焚きも手伝った事もあったな・・・あれは面白かった。大汗かくけれど。




今回、葬式を巡る話を総括すると、親父は向こうの親類とワイワイ騒いで面白かった
そうで、母も親類の近況をしったりして、またしても不穏な空気に触れたようだ。
どこそこの家では母、息子の関係が悪化しているとか、祖母をいじめていた嫁が報い
をうけているとか、あんまり知りたくない話がベラベラと喋られてうんざり。

猫達はいつも通りの生活パターンが崩されて、右往左往し、メシの時間がづれることで
大騒ぎ(笑)早朝4時の朝ごはんが朝8:30頃になって不満爆発。夕方16:30頃
の晩飯が19:30~20:30にづれて大暴れ(笑)

うんこしても砂をかけない運動や、モノを倒し、足拭きマットをひっくり返すなど、
上へ下への大騒ぎ。まるで「8時だよ全員集合」の前半コント終了時の暗転場面に
かかる曲のようなドタバタぶりには参った(笑)。

早朝、台所付近で「腹減った!!」コールのもの悲しげな鳴き声を聞きながら、寝て
いて笑ってしまう俺もちょっと酷いな。

GWも明けて、仕事を再開。

GW明け早々、職場では大震災による影響により、このままではリーマンショック以降
の状態に近いことになりそうなので、雇用への影響が心配されるところ。まず派遣社員
である俺は、年内には早々にこの工場から放り出されるかもしれないという覚悟が必要
な事態になってきたようだ。一応「足を引っ張る」という事がないように、「使える人」
という能力を買ってはもらっているようだが、雇用に関してはそれは別。

無能でも正社員優先は当然なのだから・・・。

さて、時間に余裕がある時には履歴書を改めて数枚書いて、来るべき時期に備えると
しますか。所属している派遣会社が、次の職場を確保できていたらいいけれど、それが
できていなければ、また就活かな?しんどいよねぇ。また年齢で切られ落とされまくり
のあの日々がくるのかなぁ・・・。



スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

多事他事雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<第1188回「好きなアウトドアは?」 | HOME | 釜房ダムでは、ヘラのっこみ中。鯉もうろうろしています。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。