うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

「3月のライオン」6巻・短編集「スピカ」~羽海野チカ祭りだね

7月22日発売予定という事で、朝日新聞でも1面広告を打って出たりしたそうです。
家は河北新報なので拝見していませんが、ホント、羽海野チカ祭りですね。
「はちみつ&クローバー」の美大周辺でおこる青春ラブストーリーでいいのかな?
それだけでは済まないな。苦悩する天才や凡才とか、色々あったなぁ。

「3月のライオン」は将棋の世界の話。主人公の桐山零君はプロ棋士という肩書きを持つ
高校生だが、幼い頃、自分以外の家族を事故で失い、ある意味天涯孤独となり生きる術
として、自分の存在意義を見出し、自分の居場所を探すと将棋しかなかった。

今回の第6巻は桐山零君の棋士としての頑張り、戦いが、お世話になっている下町の川本
3姉妹のひなた(中学生)にベクトルがグイグイ向かっていく。


3月のライオン 6 (ジェッツコミックス)3月のライオン 6 (ジェッツコミックス)
(2011/07/22)
羽海野チカ

商品詳細を見る



いじめられていた友人をかばい、いじめっ子と対峙していたひなたは、いじめられていた
友人が不登校の末に転校したため、次のいじめの対象になった。いじめられる側になって
から姉や祖父、高橋君、桐山君やそのいじめについての相談を受けた林田先生達が、動き
出そうとする展開・・・。

一方、この第6巻では桐山君が静かに激情を吐き出しつつ、結構男っぽく勇ましさを醸し
出し、ついエールを送りたくなるぐらい熱いコミックスといえる。

ちなみにこの第6巻59~60話は、あの大震災のためにヤングアニマル連載作品は未読
だった。第60話の林田先生の激昂ぶりに、読者としても大きくうなずいてしまった。
いい教師、いい大人達が居る世界じゃないか。

毎度、3月のライオンを読むと笑いつつ涙目になり、そして熱くなる。

名作になるよねコレは。


一方、短編集の「スピカ」は冒頭のフルカラー作品もいいが、表題作「スピカ」が白眉。
高校生のラブコメだが、なかなか沁みる台詞に溢れた作品。あとがきにも触れているのは、
「3月のライオン」の野球部の高橋君とひなたの関係というのは、この辺あたりがルーツ
かもしれないとのこと。

スピカ ~羽海野チカ初期短編集~ (花とゆめCOMICSスペシャル)スピカ ~羽海野チカ初期短編集~ (花とゆめCOMICSスペシャル)
(2011/07/20)
羽海野チカ

商品詳細を見る


個人的には押井守監督作品「イノセンス」公開前であろう宣伝マンガも読んで思い出した。
コレは読んだ記憶がある。劇場版パトレーバー1~2を何度も観て、特に南雲さんについて
の意見に共感した。特に劇場版2は何回観た事か・・・DVDを買わんといかん。

EMOTION the Best 機動警察パトレイバー2 the Movie [DVD]EMOTION the Best 機動警察パトレイバー2 the Movie [DVD]
(2009/10/27)
冨永みーな、古川登志夫 他

商品詳細を見る



スポンサーサイト

テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<「軍鶏」連載再開!!~イブニング16号からだよ | HOME | 潮の香りがしましたね、建築廃材からなんですけれど・・・>>

この記事のコメント

お久しぶりです。アタシも朝日新聞の広告で6巻発売を知ったクチです。巻を追うごとによくなりますねー「3月のライオン」は!ハチクロを超えるかも。ひなちゃんの教室での孤独な戦いも、林田先生の熱さも零くんの決意もどれもグッと来ましたが、二階堂の幼少時のエピソードも泣けたわ~~~今回出てこなかった義理の姉さんとの今後も気になります。
ところで少し前のブログに書いてた中島みゆきのアルバム、「ファイト!」が入ってるのは「寒水魚」ではなかったかしら。
ではではまた。
2011-07-25 Mon 20:53 | URL | 太田DOKO [ 編集]
> ところで少し前のブログに書いてた中島みゆきのアルバム、「ファイト!」が入ってるのは「寒水魚」ではなかったかしら。

ああ・・・「寒水魚」だったかな?随分聴いていないので
はるか忘却の彼方へ・・・。

「3月のライオン」は名作になりますね絶対。なんだか人生賭けている
ような話を読んだ覚えがありますから。
2011-07-27 Wed 20:44 | URL | 森山ネム太郎 [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |