うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

「草子ブックガイド」1巻「25時のバカンス」など購入

今週のモーニングを読んでみれば「草子ブックガイド」の読み切りが掲載されていた。
今回のは「老人と海」超絶有名なヘミングウェイの作品がモチーフ、テーマとなった話に
なってました。

一話につき一冊の本をモチーフにして紡がれる読書家の少女、草子の感想文がこの
マンガの柱になっているまさしくブックガイド、本を紹介するマンガです。

草子ブックガイド(1) (モーニングKC)草子ブックガイド(1) (モーニングKC)
(2011/09/23)
玉川 重機

商品詳細を見る





モーニングで今日みかけて、「そういえば9月にコミックス発売だったような・・・」
と、扉を見れば9月23日発売となっていた。「あ、今日じゃん」と思うといても
たってもいられないというより、


こんな地味な本、

書店側の配本が少なすぎて、

直ぐに探せなくなるに決まってる!!



というか、



初めから置いてないというか、


あっても直ぐにはける冊数しかない!




こういう直感はあたるもので、実際、太白区の某書店では、青年コミックスの新刊コーナー
の書棚に棚差しで1冊だけという有様・・・。配本2~3冊とみた!!最後の1冊を手に
すれば、これまた配本数が少ないであろう市川春子女史の「25時のバカンス」をたまたま
見つけたしまった・・・予定外出費。これも3冊しかなかった。


25時のバカンス 市川春子作品集(2) (アフタヌーンKC)25時のバカンス 市川春子作品集(2) (アフタヌーンKC)
(2011/09/23)
市川 春子

商品詳細を見る



「25時のバカンス」はタイトル作品の前後編、「パンドラにて」「月の葬式」を
あわせた短編集ですが、基本的にSF色ありです。前の「虫と歌」のように理系っぽく
あり、文学っぽい作品ですが、全体に流れる空気は静かで寂しい感じがします。

でも、こういう作品も好きなんですね・・・。絵柄はオシャレ系女子が好きそうな
所が癇に障りますが、最近は自分の中ではうまくこなれてきたような気もします。
ファッション誌でみる軽いイラストっぽい絵ですもの、今の自分にはちょっと抵抗
ありましたよ。慣れればどうってことないってことかな?


そういえば「草子ブックガイド」の玉川重機さん。ペンネームを変更してこの名前
を使っているのですが、むか~しアフタヌーンで描いていた人です。絵柄はそんなに
変わりませんから覚えてますよ。作者名は完全忘却していますけど、アブサントに
関する話で四季大賞受賞したのではないかと思います。後々そういう「酒類」に
関わる話を紡いで連載されていくのですが・・・あ、やっている基本構造はこの新刊
コミックスと一緒ですね、今更気付いた。

ちょっと対象年齢層を誤ったのか、ちょっと大人向けの酒の話でしたので、アンケート
が悪かったのかな?なんか終わるのも早かった気がした。打ち切りっぽかったな。

で、この新刊の帯文には


「幻の漫画家12年ぶりの新作」

と、あったのでコレは買わねばならぬ。という気持ちにもなった。

それにしても、他の作家などからの推薦文もないとはやや寂しい。

スクリーントーンを極力使用しない・・・というか、使ってないな。

コミックスの装丁も素晴らしい。カバーを外して読む習慣があるので、気付きました。

本体に配色された色が、カバーを透かして薄い色をかもしているのですよ。

丁寧な筆致で細かく描くのはかなりの重労働と思える。

多分、石川雅之さんと同様、アシスタントなしで描いているような気がする。

コミックスでみると、なんか・・・お腹一杯になるような緻密な描写に

「御苦労様です。ありがたく読み、絵も堪能させて頂きます」

という気持ちになった。絶対これは疲れる筆致ですよ。

気になる方は今週のモーニングで「老人と海」の回を見てください。

地味な作品ですが、こういうのが一冊家にあってもいいと思います。




肝心なことを忘れていた。このマンガは青永遠屋という古書店に関わる人達、
古書店主とそのバイト、そして草子が織り成す物語で古書業界にもかなり
精通した業界用語も飛び交うコミックスでもあります。こういう専門的な業界
の話もあると、作品世界も深まるというもの。

専門的な、という意味では「カレチ」はどうなんだろうか?

いわゆる鉄道オタク達的にはこういうマンガはアリなのかナシなのかちょっと
知りたい。

カレチ(1) (モーニングKC)カレチ(1) (モーニングKC)
(2009/12/22)
池田 邦彦

商品詳細を見る



昭和40年代の国鉄時代のカレチ(車掌)を描いた作品です。連載をおって
読んでいますが、仕事に対する姿勢を学べる作品なのかなと思ってます。








スポンサーサイト

テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<今月はちょっと買いすぎた感アリのコミックス類「サヤビト」とか、配本数少なすぎ!! | HOME | まんがらない2巻~完結。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |