うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

「ヘン集女王」1巻購入~高内優向他「O18」とか。

今日は久しぶりに七ヶ宿ダムに行くが、なんだかボート釣りの人が何艘もいる。
ジョン・ボートにゴムボートと船外機付きのボートでバス釣りである。もう既に
バス系雑誌に載ってしまったのか?七ヶ宿ダムも釣りにくいダム湖になるんだろうな。
(山形のバサーも山越えして来る。前川ダムじゃ釣れないからとか訊いたのは2年前
ぐらいかな?そして大勢のバサーが大挙してここも釣れなくなる・・・の繰り返しだと
思うけどね)

日曜日のバス釣りでしたが、結果はボウズ。久しぶりに竿をふって、ボウズも久しぶり
でしたね。釣行回数は少ないけれど、毎回最低1尾は釣れていたわけだし。まあ・・・
こういう日もある。七ヶ宿ダムは特によくあること。釣れないストレスは音楽を聴いて
リラックス・・・聴くのはウォークマンに入力しているAC/DCだけどね(笑)。

帰路は大河原経由でヤマダ電機にて携帯の機種変更の相談をし、欲しい色の機種を取り
寄せする事にして一応予約し、スクラム書店へ。この書店とは相性がいい。が、微妙に
今回も配本数の少ないコミックスだったので、最後の1冊として入手したのが「ヘン集女王」
高内優向
と、先日紹介したうえに、やっぱり気になって買ってしまった「O18」宮川輝
(ラヴ・エイティーンだそうですオーイチハチって読んでました)


ヘン集女王 1巻 (ヤングキングコミックス)ヘン集女王 1巻 (ヤングキングコミックス)
(2011/09/30)
高内 優向

商品詳細を見る


*)10月16日時点で見ると表紙イメージ画像があったので貼り付けてます。

表紙のイメージ画像が出てないなぁ。マンガ編集部の現場をえがいた4コマ作品で、
今、かいつまんで読みながら描いていますが、読んでいて楽しい上に結構コレは
編集作業のリアルが詰まっている感じが面白くて興味深い。

小坂さんの「フィリップ編集日記」という編集者モノの4コマ作品も読んだ事があるが、
あちらは完全にドタバタ・ギャグものでリアルさといえばこちらの「ヘン集女王」では
ないかと思った。(まあ土田世紀先生の作品は別にして・・・)

「まんがらない」の1~2巻を紹介した覚えのある高内優向さんは、コレからドンドン
人気が出て欲しい作家さんだ。割と萌え系風味もありつつ、結構ちょっとおっさん受け
しそうな内容がいい(笑)。軽薄な感じもするが、軽く笑い飛ばす風通しのよさがいい。

まんがらない。 ? (バンブーコミックス WIN SELECTION)まんがらない。 ? (バンブーコミックス WIN SELECTION)
(2011/09/07)
高内 優向

商品詳細を見る


まんがらない。 1まんがらない。 1
(2010/06/26)
高内 優向

商品詳細を見る


それいけ!桃太郎電鉄 (1) (ケロケロエースコミックス)それいけ!桃太郎電鉄 (1) (ケロケロエースコミックス)
(2008/11/26)
ハドソン、高内 優向 他

商品詳細を見る


それいけ!桃太郎電鉄 (2) (ケロケロエースコミックス)それいけ!桃太郎電鉄 (2) (ケロケロエースコミックス)
(2008/12/26)
高内 優向

商品詳細を見る


それいけ!桃太郎電鉄 (3) (ケロケロエースコミックス)それいけ!桃太郎電鉄 (3) (ケロケロエースコミックス)
(2009/03/26)
高内 優向

商品詳細を見る


ゲーム系のマンガも描いていたんだ・・・。

「O18」は関西弁が懐かしい方々にも読んでもらいたい。母娘の会話とかそりゃ
もう~オカンとジャリの会話だから。基本的にSFが好きなので、こういう作品を
見逃せない性分なのかな?まあ・・・掲載していた分のアフタヌーンはまだ所有して
いるので、それを探して読めばいいんだけれど、それも面倒だから買ってしまった。
こうやってお金が消えてゆくのがマンガ読者の業なんですかね?

018(1) (アフタヌーンKC)018(1) (アフタヌーンKC)
(2010/09/22)
宮川 輝

商品詳細を見る
018(2) <完> (アフタヌーンKC)018(2) <完> (アフタヌーンKC)
(2010/12/22)
宮川 輝

商品詳細を見る


スポンサーサイト

テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<いつも通りの日常を淡々とこなす休日・・・・・・誕生日なんだが・・・・・・。 | HOME | APPLE SEED ⅩⅢ~のアニメ第1話を観たのだが・・・>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |