うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

実相寺昭雄監督 逝去・・・無念

nikkannsports.com からの抜粋。一部省略。

「テレビの「ウルトラマン」シリーズや映画「帝都物語」で知られる映画監督の実相寺昭雄(じっそうじ・あきお)氏が11月29日午後11時45分、胃がんのため都内の病院で死去した。69歳。東京都出身。喪主は妻知佐子(ちさこ)さん(女優原知佐子)。

 早大卒業後、ラジオ東京(現TBS)に入社。60年代に「ウルトラマン」などの演出を手掛け、独特の照明技術を駆使した陰影のある映像で、日本の特撮映像の第一人者となった。69年に「宵闇せまれば」で映画監督としてデビュー。TBSを退社して実相寺プロを設立し、情緒的なエロチシズムの中に人間の本性を描いた「無常」でロカルノ国際映画祭グランプリを獲得した。

 88年には作家荒俣宏さん(59)の幻想小説「帝都物語」を、05年には京極夏彦さん(43)の「姑獲鳥(うぶめ)の夏」を映画化。70年代に演出した特撮番組のリメーク映画「シルバー假面」を完成させたばかりだった。・・・云々」



仕事に行く寸前にみた新聞の社会面から、実相寺監督の訃報をしった。


先日アマゾンで、05年公開「姑獲鳥の夏」のDVDを購入したばかり。
今週の火曜日くらいに届いたモノで、今週末に観るつもりでまだ未開封の新品である。
アマゾンのレビューでは結構叩かれているようなのだが、原作ファンがとにかく五月蝿い。

いいんだよ。この映画はこれで。原作者曰く・・・。

「原作がマンガや映像、アニメになる時点でもう僕の小説作品は、それを手がける監督のモノになるので、別の作品として楽しむことができます。京極堂が可愛い知的な美少女であっても構わないくらいですよ。すべてのキャラを美少女でやってもいいくらい(笑)実相寺監督は僕も好きな監督なので、出来上がった映像も楽しみです」

後々映画を観てからの作者

「尊敬しファンでもある実相寺監督の映画を拝見させてもらいましたが、一回目では解らなかったところが、二回目で納得し、三回目でも新たな発見をし、都合五回も映画を観てしまいました。原作者である僕がみても十分楽しめる内容になっていましたので、ファン以外のかたも楽しめるのではないでしょうか・・・」

上記の作者コメントはうろ覚えの内容なのだが、だいたいの内容はこんな感じである。

だいたい主要キャラクターのキャスティングは、事前に公開されていたはずだから、
「京極堂のイメージが違う!」
「木場は宮迫ではダメだ!」
「榎木津はあれでいいのか?」
とか言うヤツは映画、映像に触れなければ何もそんなに文句をいう必要もないし、
原作以外全否定で構わないのではないか?

少なくとも、原作のイメージを頑なに守りたければ
「みざる、きかざる、いわざる」でいいのではないか?
僕はそうしているよ。原作イメージを守りたい作品に関してはね。


だいたいレビューを見ていると、

「この監督は原作をほとんど読んでいないのではないか?」

とかおっしゃる方もいて全くトホホ・・・であった。


京極堂に通って妖怪談議をする恰幅のいい眼鏡をかけたおっさんは誰?
あきらかに多々良先生でしょ。
バーの猫眼洞(漢字あってるかな)だって、「姑獲鳥の夏」以降の作品にでていたバーではないか。
結構読んでいないと解らないキャラや場所もいっぱいあった。

久遠寺医院のイメージが違う?とかいうヒトもいたけれど、
それこそ脳内イマジネーション映像を堪能してください。
「眼を閉じて何も見えず・・・」
でいいではないですか。

この実相寺監督の「姑獲鳥の夏」を楽しめるのは、

1970年代に子供時代を生きたひと。

35~45歳くらい?の人達なら楽しめる映画。

正直な意見を述べると、10~20歳代の人達がみてもツマランという感想しかもてない映画。

もっとくだけたいいかたをすると、

子供が観てもわからんし、ツマラン映画・・・。

おとなが観て初めて楽しめる映画といえる。


20~34歳くらいのヒトは買わないほうがいい・・・。
「ウルトラマン」「ウルトラセブン」(マンセブンじゃないよ)
「怪奇大作戦」「岸田進」「桜井浩子」「菱見百合子」等々の円谷関連作品ならびに登場する俳優達を心から懐かしく感じ、かつ今でもファンでマニアでオタクならば買っても納得?するかどうかは個人次第だが、「実相寺昭雄監督ファン」ならばOKかも?


それから「シルバー仮面」をリメイクしたそうで・・・。この特撮番組はTV東京系列なので、僕の住んでいる地域では見れなかった作品。
ビデオとかDVDとか出ていたのかどうかも知らなかった。
(忘れていた作品?この「シルバー仮面」の裏では「ミラーマン」をやっていたそうだが、僕はそっちを観ていた)
「シルバー仮面」は中途半端に終わった作品だったので、悔いが残ったとか・・・監督は著作物にそんな事を書いていたような記憶がある。
リメイク版の「シルバー假面」・・・是非観たい。







子供は観るな・・・。つまらんぞ。
スポンサーサイト

テーマ:映画監督 - ジャンル:映画

映画・ドラマ等 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<体調悪し・・・風邪から腰痛へ・・・。 | HOME | 「DEATH NOTE~ THE LAST NAME」映画レビュー~浜村淳モード全開>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。