うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

アホイホノオ7巻~いよいよダイコンⅢへ!?岡田斗司夫さん登場!!!!

御無沙汰してました。なかなかこちらに足が向かなかったのはひとえにFacebookと
Twitterのせいです。そっちばかりでウロウロしとりましたすんません。m(- -)m
mixiもやってるんですが、そちらもつぶやき程度のUPのみ。というか、mixiは
もうやめとこうかなぁ・・・Facebook利用してたらそっちの方が物凄く双方向性が
強力なんで、なんだかいまひとつ感のあるmixiはなんか使いにくい。

まあ、そんな前置きはいいとして11月11日発売の「アオイホノオ」7巻。翌日
に購入し即読み。つうか、行った書店では配本数が少なかったので残りの1冊みたいな
風になっていたのを棚差しで見つけ、抜いて帯文を見ると


プッ!!!!ブファ!!!!

って吹いた(笑)



2011年11月12日アオイホノオ7巻帯文_320



ひでぇなぁ~島本先生!!!!
しかし、先生曰く
「この帯文は指定していません!!あきらかに担当編集者の陰謀です!!」
みたいな言い訳フォローをツイートしてはりましたよ。当然ながら島本和彦さんの
twitterをフォローしているわけですが、発売前日~当日~その後2~3日は7巻
へのリアクションがかなりよく、ご機嫌でリツイートされる島本ファンの声がのるわけで、
やっぱりダイコンⅢOPアニメ・フィルム制作するかしないかという場面で岡田さんが、
庵野秀明さん達のケツを叩く役割になっての登場なんです。

頭のおかしい金持ちは本当にいるんだという噂の岡田邸も掲載されているわけで・・・、
室内中央にブランコ、家にエレベーター、玄関ホールに一刀彫の鹿の彫刻数体、鉄のシャッター
が降りる窓、地下に巨大貯水槽、核シェルター、4年分の保存食料(4人分)・・・等々。

嘘やろう、冗談やろうという噂話が実はホントだったと、当然「どんどん描いてね」と
いわれている島本先生が嘘を描いているわけではないだろうと、一人の読者として驚き笑い
ました。

みんな岡田斗司夫さんの話題には沢山触れるのに置いてけぼりを食っているのは、○○○の
伏字で呼ばれている作家さんなのですが、これが7巻の一番の「核」なんだと思うのです。
無難で気になるタイトル、無駄コマが多く、あだち充先生の「むふ」に匹敵する

「あはっ」

を使うことで気を惹くというなんでもないラブコメ。年齢も近いので勝手にライバル視する
ホノオ君が七転八倒する今回の7巻は、自動車教習所編で飽きてきた人達に「渇」を入れる
笑いに満ちた巻であります。(実際、『買うのやめようかな』と考える程、俺は教習所編は
どうでもよかった)


2011年11月12日アオイホノオ7巻帯文~2_320



個人的にこの7巻を買ってから、既刊1~6巻を購入するのもありかと思う。
随分ひどい言われようだがこの○○○先生の連載のお陰でホノオ君は一縷の望みをえて、
今月号のゲッサンでは

感謝している
のだから、そしてある意味、今の漫画家志望者達にも希望を与えてくれている。
「サンデーならアリだ!!!!」と。

最近の原秀則先生と島本先生の絵柄がどこか通じるものがあるのは、ファンゆえか?


アオイホノオ 7 (ゲッサン少年サンデーコミックス〔スペシャル〕)アオイホノオ 7 (ゲッサン少年サンデーコミックス〔スペシャル〕)
(2011/11/11)
島本 和彦

商品詳細を見る


スポンサーサイト

テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<よつばと11巻発売か・・・そろそろ集めてみるかな? | HOME | マクロスF~サヨナラノツバサ劇場版~第2弾フィギャア>>

この記事のコメント

あの頃のサンデーと言えば、それまで泥臭くて垢抜けない漫画ばかりだったのが、高橋留美子さんがデビューされた以後、明るくて、ソフトで、ノリの良い雑誌に変わってゆきましたね。

増刊サンデーを使って新人の育成が上手くいってたのだと思います。また当時は新人の個性を大事にしていた感が有り、結構マニア指向な自分にも読めるメジャー誌でした(あえて過去形)。
2011-11-28 Mon 21:44 | URL | Do200 [ 編集]
あえて過去形ですか・・・(笑)
あの頃もサンデーは立ち読みでしたね。買ってたのはジャンプかマガジン。
時々チャンピオンで、そういえばサンデーを買って読んだ記憶がありません。

でも、増刊サンデーでしたっけ?「陽当り良好」が登場(あだち充氏)した時
に何かが変わった気がしました。(ホノオ君とほぼ気持ちはシンクロしてます)
というか、ああいう絵柄が新鮮かつHでしたから、ググッと引き寄せられて、
結局コミックス派として陽当たり良好~みゆき~タッチと読んだのです。
あ・・・タッチは最後まで読んでなかったような?

ちなみに80年代後半~90年代はほぼマンガ、アニメから離れていたので
この期間は空白時期なんです。でも、結局足を洗う事ができず、高校時代以上に
マンガ、アニメに浸かっている今日この頃。近頃のサンデーは気になって買う
事もしばしばあります。
2011-12-05 Mon 22:08 | URL | 森山ネム太郎 [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |