うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

東京喰種・・・寄生獣とかぶるような設定だがちょっと違う作品(久々更新)

5月3日~のGW後半はほぼ自室にこもって雑誌の整理か、PCで動画サイト三昧と
いったインドアの日々でした。だって仕方ないよな・・・釣り行きたくてもいけねぇし。
3~4日と大雨が降ったために宮城県では河川の水位上昇による洪水警報がでて
避難勧告が出る地域もあったぐらいの大雨だったのだから、その影響余波は週明けの
月曜日でさえ川の濁りはとれないほどだ。

そんな中、川へ釣りに行こうとは考えないよ。増水して流れの速い川なんか、腰まで
つかったら流されて溺れてしまうに違いない。いや、マジで、急流だと膝上越したら
まともに立っているのが精一杯で、歩き方を間違えてバランスを崩したらそのまま
一気に流されるから・・・。

釣り以外に外出する理由は特に無く、あるとすれば本屋に行くとかその程度だから
おとなしく自室でたまりに溜まった雑誌類の片付けをメインにGWを過ごしたのです。

ヤング・ジャンプで掲載されている「東京喰種(グール)」がYJの中で気になる作品
のひとつになってしまった。連載開始当初は人の姿をしたモンスターが人を襲って
食べる設定なんか「まるで寄生獣やないか!!」とちょっと鼻で笑って相手にしない
ようにしていたけれど、読んでいくと結構「え?」と思うところが少しづつ表れてきて、

「ちょっと寄生獣とは違うなぁ・・・」と思い始めた。寄生獣は宇宙から来た謎の生命体
が、人間の身体を乗っ取り、人間をエサとして襲って食べるわけだが、中途半端に
人間を乗っ取れなかったミギーのようなヤツの場合、人を食べる事に執着することは
ないのでその辺がチョッと違うかなぁ・・・。

主人公が中途半端に人間と喰種(グール)が合わさった身体になってしまったために
おこる心理的葛藤がこの作品の核なんだろう。人間としての立場と喰種としての立場
にある心の揺らぎは読んでいてウグッ!っとくる。笛口さん母娘のエピソードなんて、
グールの母子なんだけれど、色々と考えさせられてちょっと涙ぐんでしまう。

東京喰種トーキョーグール 1 (ヤングジャンプコミックス)東京喰種トーキョーグール 1 (ヤングジャンプコミックス)
(2012/02/17)
石田 スイ

商品詳細を見る






東京喰種トーキョーグール 2 (ヤングジャンプコミックス)東京喰種トーキョーグール 2 (ヤングジャンプコミックス)
(2012/03/19)
石田 スイ

商品詳細を見る




手始めに1巻から・・・ってそれは当たり前か(笑)
YJ連載開始時、最初の1~2話でオオッ!!ってきてだいたい5~8話目ぐらいで
コレは結構やるかもしれんマンガやな・・・と思いました。主人公のカネキ(だったかな?)君
がグールに襲われて、そしてカネキ君が半人半喰種になった経緯が1巻には掲載されて
いるはず。近々3巻もリリースされると思います。

インスタントコーヒーならば、僕はネスカフェ・エクセラ派なんですが・・・。

というネタへの返しは読んでもらえれば「ああ・・・」という程度の事ですけれど、喰種が人間
を装って生きるというのがどれほど大変かというのも解かってくると、急に作品に食いついて
しまいましたね・・・。

ちょっとバイオレンスではありますが、異質な人が居ると排除して均衡を保とうとする社会
や学校、会社などの人間関係を当てはめて考えてみるとまた違った視点がみえて考え
させられます。その極端な話が東京喰種なんだと思います。







ああ・・・また「知らない」マンガと言われるようなマンガをレビューしてしまった・・・。

スポンサーサイト

テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<宇宙兄弟・・・アニメも思っていた以上に面白いのは声優陣や演出のよさだろうなぁ | HOME | GWの釣行はやっぱりあんまり釣れない・・・。>>

この記事のコメント

僕も『東京喰食』読んでます!
トーカちゃんかわいいよね!!
2012-09-17 Mon 14:09 | URL | ヽ(´ー`)ノ [ 編集]
> 僕も『東京喰食』読んでます!
> トーカちゃんかわいいよね!!

え~と・・・(笑)
2012-09-17 Mon 22:28 | URL | 森山ネム太郎 [ 編集]
僕も読み始めたとき寄生獣を連想しました。

東京喰種とは関係ないですが、気になりましたので一点だけ。
>>寄生獣は宇宙から来た謎の生命体が、人間の身体を乗っ取り
パラサイトは宇宙から来たわけではなく、地球(または大気圏内?)で生まれたものですよ。一巻の描写を見るとまるで宇宙から来た様に見えますが。
巻冒頭の文と最終巻の新一のモノローグを読むと、それが示されています。

一巻冒頭
地球上の誰かがふと思った「人間の数が半分になったらいくつの森が焼かれずにすむだろうか
地球上の誰かがふと思った「人間の数が100分の1になったらたれ流される毒も100分の1になるだろうか
誰かがふと思った「生物(みんな)の未来を守らねば」

最終章
「みんなここで生まれてきたんだろう?そして何かに寄りそい生きた……」
2013-01-26 Sat 00:21 | URL | ななし [ 編集]
自分の記憶違いですね。読んだのが20年前ぐらいですから・・・。
アフタヌーンを購読するきっかけが「寄生獣」でした。
1巻あたりは後々1996年に読み返して、あとは連載を追って
読んでいました。コミックスは未見です。最終回も本誌ですから
あれから何年経過したんだろうか?
2013-01-28 Mon 23:04 | URL | 森山ネム太郎 [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。