うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

恋愛怪談サヨコさん~関崎俊三・・・ホラー作品じゃなかったな。こりゃ恋愛妄想劇だわ

ヤングアニマルといえば「ふたりエッチ」と「ベルセルク」が大看板だ。その脇を固める
のが「自殺島」「3月のライオン」「ナナとカオル」「東京闇虫」「信長の忍び」「KAPPEI」
等々の作品群がある。(他にもあるけどね)「3月のライオン」の羽海野チカさんがアニマル
で描くというから、この雑誌を時々買うようになったが、最近、急激に気になりだしたのが

「恋愛怪談サヨコさん」なのだ。

連載当初は「ふ~ん」という程度であまり感心がなかった。というかオカルトものって恐い
印象があって、頭に残るとうなされそうな気がしてちゃんと読んでいませんでした。ホラー系
の作品ってあんまり読まないというか、なんとなく避けてしまいますね・・・と思っていたら、
恐い描写で幽霊達を登場させたりするが、あんまり恐くないんですよね・・・それは斜め読み
で適当に流して読んでいて気付きました。

設定では霊媒体質なので色んな霊を呼び寄せたり、憑依されたりしますが、成仏させる
能力がないので憑かれたまま、おおよそ800体の霊を背負い込んでいるサヨコさん。
そんなサヨコさんと親しくなると、周囲の人達に霊障がおこり不幸を撒き散らすかたち
になるのを知っているので孤独に過ごすサヨコさん。

そんなサヨコさんの霊障にもびくともしない貧乏大学生の稲葉君に惚れてしまったのは、
霊障にびくともしないところと、ごく平凡な好青年ってところなんでしょうか・・・?実は最初
の辺りはあまり記憶がありません(笑)ドタバタしている印象はあるのですが・・・。

恋愛怪談サヨコさん 1 (ジェッツコミックス)恋愛怪談サヨコさん 1 (ジェッツコミックス)
(2010/09/29)
関崎 俊三

商品詳細を見る


稲葉君が住む木造モルタル2階建てのアパートに元々住んでいたわけではなく、なんとか
うまくやりこめて稲葉君の隣りに住むようになったようなエピソードがあったような・・・?
というか、ほぼ完璧にストーカーですよね(笑)偶然を装って親しき隣人になれたことで
サヨコさんの恋愛妄想は加速していきます。

恋愛怪談サヨコさん 2 (ジェッツコミックス)恋愛怪談サヨコさん 2 (ジェッツコミックス)
(2011/04/28)
関崎俊三

商品詳細を見る



既刊コミックスではどの巻に入っているのか知りませんが、稲葉君の洗濯物が風に
舞ってペタっとサヨコさんの部屋の前に落ちます。おりしもサヨコさんはベランダで
自分も洗濯中です。その洗濯物は稲葉君のパンツです。サヤカさんいきなりお宝
GETで動転し、懐にしまって部屋に入ってドキドキしています。

これは回想シーンで、そもそも、稲葉君の部屋に遊びに来た友達が、サヨコさんの
部屋にも行ってみたい~という発言でサヨコさんが脂汗をかきながら固まるシーン
があった。あのお宝パンツに名前(笑)までつけて、壁にかけて眺めていたというから
笑ってしまいます。どこの中学生だ!!このパンツの一件からなぜか注目して読んで
しまうというのはなんたる巡り合わせでしょうか(笑)

恋愛怪談サヨコさん 3 (ジェッツコミックス)恋愛怪談サヨコさん 3 (ジェッツコミックス)
(2011/11/29)
関崎俊三

商品詳細を見る



インチキ占い師とのエピソードでもかなり笑った覚えがあります。最近のエピソード
ではテレビで念写実験をみて感化されたサヨコさんが自らも念写をおこなって失敗
しまくる話がよかった(笑)やってることが中高生並みのリビドー全開だからいいな。

って、作品内容の粗筋とか連載作品の柱に書いてあったりするんだけれども、書いて
ない。しかも今更知ったけれど、サヨコさんは16歳だ!!なんだ・・・その恋愛に対する
リビドーの燃やし方はあながち間違ってはいないじゃないか(笑)

ちなみにコミックスの表紙を飾る和装の美少女がサヨコさんです。不思議少女とも言える
かなぁ・・・。約800体の霊が保護者のようであり、相談相手であったりして、かなり冷静
にサヨコさんをみているのもおかしい。そして怪談らしい恐いエピソードがあっても、きれい
にオチがあって笑えるからホラー作品じゃないですね。勇ましい話もないし・・・。

これは恋するサヨコさんの恋愛妄想、時には恋愛暴走のギャグ・マンガですね。決して
ホラーマンガではないので一読して笑ってください。時々見に覚えがありそうな話がでて
身悶えするかもしれませんけど・・・。

ちなみに4巻は7月発売予定らしいです。


*)しまった!30分では書けなかったな。1時間はかかった。

スポンサーサイト

テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:0 | トラックバック:1 |
<<「坂道のアポロン」3~5巻を読んだ。「げんしけん二代目参」は少しだけ・・・ | HOME | 電波教師・・・このマンガの連載開始がサンデー購入に至る要因の一部である>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

ヤングアニマルといえば「ふたりエッチ」と「ベルセルク」が大看板だ。その脇を固めるのが「自殺島」「3月のライオン」「ナナとカオル」「東京闇虫」「信長の忍び」「KAPPEI... …
2012-06-13 Wed 02:21 まとめwoネタ速neo
| HOME |