うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

GOD OF THE SOUL,GOD OF THE FUNK,FUNK=JB,SOUL=JB・・・

JBが死んだ。

JBが死んでしまった。

・・・この事実を衝撃とよばずしてどうする。

生きててあたりまえ、死ななくて当然。


80歳代、90歳代、100歳代と生き続け・・・オレがしおれていてしょぼくれていても、
JBはいつも全開!!!フルパワーだ!!!

軽快なステップを踏み、「イエイッ!!」「ハッ!!」「ヘイッ!!」「フッ!!」「ホッ!!」・・・等々の合いの手や掛け声も高らかに、汗みどろのギラギラした脂っこさをふりしぼり、
ツバを飛ばし、汗をフリ飛ばしながら熱唱しつづける。

舞台のソデからJBの舞台関係者が、
「これ以上は体力の限界だから歌うのをやめろ!」という静止の声も
自ら振り切り、熱唱し続けるJB。









「うわっ!!まだ生きていたのか!!さすがJB!!」

「あいかわらず汗まみれでヨク動くなあ!!」

と・・・いう憎まれ口もたたけない。

「JBも人間やったんやなあ・・・あたりまえやけど」

「JB」という音楽スタイルを確立した、「FUNK」を確立させた、
「JAMES BROWN」の功績は「ROCK」を広めたエルビスの功績と双璧をなす、
20世紀史上最大の音楽革命だ。



・・・全身から溢れ出すタクマシイほどの生命力。
なんだかニンニクパワー全開!!みたいなヒトが先立たれるとは夢にも思わなかった。


ただ御冥福を祈るだけである・・・合掌。







スポンサーサイト

テーマ:70~80年代ディスコ・ソウル - ジャンル:音楽

その他の音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<アフタヌーン12月号~付録の「大野さん」について・・・ | HOME | デトロイト・「ロック」・シティ~はKISSだが・・・>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。