うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

「くーねるまるた」高尾じんぐ~食エッセイ・マンガといえばいいのかな?貧乏人のためのマンガかもしれない(笑)

「くーねるまるた」買ったよ。スピリッツに掲載されていて気になっていたら
コミックスになっていたので購入。ポルトガルからの留学生マルタちゃんの主に
「食」にまつわるショートストーリー。お一人様のマルタちゃんの食事は基本
ひとりメシゆえに、自炊が多いです。ポルトガルからの仕送り(食料)を日本
の食材とあわせて食べたりとか、銭湯に入ったあとのビールの旨さとか、極々
ありふれた庶民っぷりがツボですね・・・。

くーねるまるた 1 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)くーねるまるた 1 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)
(2013/01/30)
高尾 じんぐ

商品詳細を見る




最初の第1話を読み逃していたけど年末の雑誌整理の際、第1話が掲載されている
スピリッツを見つけて読んだ時は笑った。アパートに引っ越してきて、暑いから
水着(ビキニ)で部屋に居たところに宅急便が届くところから始まります。

母国からの、母からの仕送りです。干し鱈(バカリャウ)。真空パックされてるのに
箱の外に臭ってくるとはどんだけ臭い食材なのか(笑)ポルトガルの代表的な食材
だそうで、第1話は干し鱈のコロッケでした。

第2話を読んで気に入ったんだな。2話目も貧乏過ぎてお腹を減らしている最中に
思いついたのがカニのディップを作って、保存食(?)のクラッカーに乗せて食べる
というお話なんですが、貧乏過ぎて食材が揃わない。挫折しかかった時に閃いた
マルタちゃんはカニの替わりになる食材を近所で現地調達!!ホント、この
まさかの展開で笑ってしまい、楽しそうなマルタちゃんが小踊りするシーンを
みてなごんでしまってファンになってしまった(笑)

第2話目にして気付いたのは、留学して既に卒業しているにも関わらず日本が気に
入って、貧乏ながら留まる事を選んだそうだ。でも、住むなら東京じゃなくても
いいんじゃないかな?世界で一番生活費が高いところじゃなかったかな?そんな
ことはいいのか(笑)

(生活費が高いとはいえ、東京というところは意外にも安くて旨く食べられるモノ
や、無料サービス、安いサービスも充実していたりするからあなどれない)

読み進めて判ってくるのはマルタちゃんの視点から見えてくる日本の姿ですね。
こういう作品は色々ありますが、近現代文学の話や映画の話等、色々ちょっと
した蘊蓄、教養を感じるエピソードが食に絡むとまた楽しくて仕方無い(笑)

ガチな料理マンガというよりも大雑把な食エッセイマンガと言えばいいような作品
です。料理自体は繊細さよりはダイナミックで簡単なモノ。それでいて旨そう
なのだから自分でも試してみたい食べ方や料理はありましたね。

しかし、貧乏人の必須食材「パンの耳」が、タルトになるとはお洒落じゃないか(笑)


オシエシラバス(1) (ヤングガンガンコミックス)オシエシラバス(1) (ヤングガンガンコミックス)
(2011/05/25)
高尾 じんぐ

商品詳細を見る



ヤングガンガンで描いてる作家さんなんですね・・・知らなかった。
そっちの雑誌はチェックしてないからなぁ~。


スポンサーサイト

テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<「変態仮面」実写映画化(笑)今春4月から劇場公開とか(笑)マジだそうです。 | HOME | 我妻さんは俺の嫁・・・というマンガが週マガにありまして、時々ツボに入って爆笑してます>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |