うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「変態仮面」実写映画化(笑)今春4月から劇場公開とか(笑)マジだそうです。

まじかよ・・・(笑)「変態仮面」実写映画化。今春4月に全国上映とかなんとか。




あんど慶周「究極!!変態仮面」の実写映画化が決定した。
タイトルを「HK/変態仮面」とし、4月6日より新宿バルト9で先行公開された後、
4月13日より全国公開される。

主役の変態仮面を演じるのは、今回が初の単独主演となる鈴木亮平。彼は変態仮面
の筋肉質な肉体を実現するため、体重を15Kg増量することに挑戦。そこから脂肪を
削ぎ落とし続けるという体作りに1年以上にわたって取り組んだ。「究極!!変態仮面」
の大ファンと公言する小栗旬は当初から主演に彼を推し、「亮平以外には考えられない!」
とコメントしている。

そしてヒロインの愛子役は、「仮面ライダーフォーゼ」のヒロイン役で注目を浴びた
清水富美加。脚本・監督は「勇者ヨシヒコ」「コドモ警察」「俺はまだ本気出してないだけ」
を手がける福田雄一が務める。原作をこよなく愛し実写化を熱望していた小栗は、
ドラマ「東京DOGS」でタッグを組んだ福田監督に自ら声を掛けた。

小栗は脚本協力という形で参加しており、福田監督やプロデューサー陣との脚本
打ち合わせでは、変態仮面の正義の味方にも関わらずパンティを被る衝動を止められない
独自の哀しみを背負ったヒーロー像や、実は単なるギャグマンガではなく王道のヒーロー
ものとしての骨子を持った物語性についても語ったという。なお主題歌はMAN WITH A MISSION
が2月20日にリリースする「Emotions」に決定した。

「究極!!変態仮面」は1992年から1993年にかけて、週刊少年ジャンプ(集英社)にて連載され、
わずか1年あまりの連載期間にも関わらず人気を博した。また2012年11月、「ヱヴァンゲリヲン
新劇場版:Q」公開時に一部劇場では作品情報が一切含まれない「HK/変態仮面」の映像が上映
され、ネット上で話題を呼んでいた。




エヴァQ2回観たけど、コレの情報はなかったな。禁書目録、聖☆お兄さん、シュタゲ等の
CMは観たけどね。この3作は観るつもり満々だけど変態仮面は微妙・・・といいながら
観にいくかも(笑)D.M.C.は結局観にいった人間だからなぁ・・・。クラウザーさん
かっけぇえ!!とかいいながら(笑)



http://natalie.mu/comic/news/84816?fb_action_ids=426149257467486&fb_action_types=og.likes&fb_source=aggregation&fb_aggregation_id=288381481237582
スポンサーサイト

テーマ:日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル:アニメ・コミック

マンガ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<仕事場で疎外感を感じていたのだが・・・理由判明。(イジメよくない!) | HOME | 「くーねるまるた」高尾じんぐ~食エッセイ・マンガといえばいいのかな?貧乏人のためのマンガかもしれない(笑)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。