うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

攻殻機動隊 ARISE 観てきたよ・・・22日の公開時に。

土曜日は半ドンだったので、帰宅後メシを食ってから14時頃に出発。MOVIX仙台
で「攻殻機動隊 ARISE」の3部作のうち1作目を観てきた。黄瀬和哉総監督と、
冲方丁脚本に過大な期待を抱いてワクワクしながら観たのですが、正直「あれっ?」
な感想を鑑賞中に抱いてしまった。比較して申し訳ないがTVシリーズの神山監督の
画面構成力を脳内で引っ張り出してつい映画を観ていた。

これ、劇場版だろ?なんか作画が微妙にレベルダウンしていないか?

草薙素子と上司、草薙素子と敵、草薙素子と新巻など、二人が対峙する時に引いて
横長ロングの構図になった時の静止画然とした台詞だけ長いシーンなどは苦痛だった。
もうちょっとカット割りを考えて対面で3~4回パンしながらロングにひくとか、
観客を飽きさせない工夫はできたと思うが?

背景美術も今時ならもう少し「ギョッ!」とするようなこだわりが見え隠れするもの
だが、そういのも無く、攻殻シリーズでは無い、まるで別次元な話の「言の葉の庭」を
2週間前に観た後だっただけに、意外にもあっさりした背景美術にはちょっと萎えた。
目が肥えすぎているせいかなぁ?

きらめき、目まぐるしく動き回る3Dデジタル作画やら、2Dデジタル処理を見過ぎて
きたからなのか、いまいち満腹感を味わえない状態で物語は進む。ストーリーにはあえて
言及しないけれど、攻殻らしい内容ではあったが、見せ方は神山監督のTVシリーズの
方が一番しっくりと馴染む自分には物足りなさは否めなかった。

草薙素子のアクション、戦闘シーンは観るべき物はあったが・・・5つ☆評価なら
☆3つかなぁ・・・。DVDかブルーレイで自宅で観てもなんら問題なく、劇場で観た
自分にしてみると、劇場版として満足する内容を個人的には得られなかった。そういえば、
押井監督の攻殻2作品もTVかDVD、ビデオからの視聴だったけれど、あれは劇場で
観たかったと後悔した作品だった。でも、3部作のうちの1本なので、今後2作品への
期待も込めて次回作も劇場で観ます。


攻殻機動隊ARISE (GHOST IN THE SHELL ARISE) 1 [Blu-ray]攻殻機動隊ARISE (GHOST IN THE SHELL ARISE) 1 [Blu-ray]
(2013/07/26)
坂本真綾、塾一久 他

商品詳細を見る




マルドゥック・スクランブルを劇場で観て、小説もキッチリ読んできた身にとって
冲方丁さんへの期待値はデカ過ぎたのかなぁ・・・まだまだこんなモノじゃないと
言わせる内容になったと思うのだけど・・・。

ちなみに、上映終了後の他の観客の方々の表情を見ると、自分と同様な感想を抱いている
ような不満足な表情が見て取れたような気がします。客層も自分みたいなおっさんや
おばさんがゴロゴロ居る中で、大学生ぐらいの人達が混じるような幅広い支持層に支え
られた攻殻機動隊。残り2作品で期待値を上げてくれるかどうか・・・。

あ・・・誠に蛇足ですが、音楽のコーネリアスさん、個人的に期待からは少し外れて
います。サントラ欲しいなぁ・・・という物欲が沸きません。キャッチーな音楽が
流れるアクションシーンはいいかもしれませんが、個人的にしっくりこなかった。
そして、違和感はバトーの声だなぁ・・・。個人的に思い入れのあるキャラゆえ
仕方無いですけれど、あとトグサも微妙。素子役の真綾さんにはあまり違和感は
抱きませんでしたが、やはり少佐の声は・・・。


攻殻機動隊ARISE (GHOST IN THE SHELL ARISE) 1 [DVD]攻殻機動隊ARISE (GHOST IN THE SHELL ARISE) 1 [DVD]
(2013/07/26)
坂本真綾、塾一久 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル:アニメ・コミック

映画・ドラマ等 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<久しぶりにそこそこ良型のヤマメが釣れて良かった(笑)6月の出来事・・・。 | HOME | 「実は私は」増田英二・・・可愛いあの娘は吸血鬼!!~という学園ラブコメを読んだ。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。