うろおぼえ立ち読み雑記

週間漫画雑誌等を立ち読みして、気になる作品についてのレビューなどをメインにしていますが、最近は買っているマンガのレビューの方が多いかな。マンガ以外の趣味の話もあります。

祝日釣行・・・まさかの鮎?がミノーにアタック!!

10時頃起きて、昼までうだうだしてから12時過ぎに外出。白石蔵王方面へ。
先日ちょっと川を覗いてみるとかなり水位が下がっていて驚きました。そんな中
鮎釣りの人達が割りと入川していました。松川でこれだから白石川本流はもっと
鮎釣り師が来ているだろうなぁ・・・と思うと、本流ヤマメを狙うボンクラルアー
マンはいきなりテンション下がります。

鮎釣り師のポイントを大きく避けてポイントを選ぶと、またいつものポイントに
来てしまった・・・。ぼくが来るポイントは、噂ではそこから先は釣れないらしい~
という事になっているようですが、数はでないけれど実は釣れます。

段差の大きい堰堤なので鮎が登らないのかなぁ?それでも一応ちょっとぐらいは
鮎もその堰堤の上にいますけどね、鮎釣りっぽいポイントじゃない。

いつ浚渫したのか、ウエストハイでも十分歩いていけた水深だったのが急に深く
なった堰堤上のプールのさらに上を目指して、一部藪漕ぎしながら大物実績ポイント
に今シーズン初めて入りました。釣る気満々だったのに、チェイスもない流れ込み。
なんどかルアーを色々通しましたが反応がありません。仕方なくもう少し上流を
狙って歩きました。途中しょぼいほぼ水溜り状態の浅い流れをパスして流れのある
いかにも居そうなポイントでルアーを投げたところ、バカにするようなライズが
ありヤル気を出したところ、蝦夷50S鮎カラーにぶつかる魚体。

イトウクラフト/蝦夷50S FIRST MODEL(BG)【限定復刻】イトウクラフト/蝦夷50S FIRST MODEL(BG)【限定復刻】
()
イトウクラフト

商品詳細を見る




「えっ!!」一瞬掛かったように感じましたが、うまい具合に弾かれて腹側を見せ
ながらジャンプして逃げた魚体はどうみてもヤマメのそれじゃない。色が鮎っぽい
緑がかってた。「鮎だろうなぁ・・・」とちょっとおもしろがった。

蝦夷を泳がしている時、岩を舐めるようなヒラヒラとした動かし方をさせていた
ので、それに「カッ!」ときた鮎が体当たりしてきたのでしょう。まさに友釣り
と同じです。おもしろがって、ヤマメじゃなくて鮎が掛かるならそれでもいい。
そういう気持ちで蝦夷を投げていましたが、反応は直ぐになくなりました。

あとはルアーをとっかえひっかえ、投げてみたけれど反応なく、ヤル気を削がれた
ので堰堤の方にもどりました。堰堤下の流れ込みが、太く強く早い白泡混じるいい
濁り方をした流れだったので、ここに蝦夷50S赤金をダウンクロスで投入。

イトウクラフト/蝦夷50S FIRST MODEL(RB)イトウクラフト/蝦夷50S FIRST MODEL(RB)
()
イトウクラフト

商品詳細を見る



イトウクラフト/蝦夷50S FIRST MODEL(CT)イトウクラフト/蝦夷50S FIRST MODEL(CT)
()
イトウクラフト

商品詳細を見る



(ああ・・・ちなみにAmazonには、自分が使用した同タイプの蝦夷は無いようです)



3投目、強い流れと中州側の水草の立つ緩い流れの境目辺りでヒット!思った通り
そこから出てきた元気なヤマメ。目測で約22cmほど・・・。前回釣った27cm
よりはやや小ぶりでちょっとがっかりしたけれど、思った通りの狙った釣りが
できたので楽しかった。(ヤマメはリリース)そういえば蝦夷50Sでまともな
釣果は今回が初めてかもしれない(笑)

その後、色々試して長居したけれど、夕立にあってずぶ濡れになったぐらいで釣果
はその後ありませんでした。でも、まあ・・・一応ボウズじゃなかったからまあまあ
満足です。次ぎこそ、大物実績ポイントでそれなり尺ヤマメを釣りたいですね。あの
ポイントはもうダメなのかなぁ・・・。


スポンサーサイト

テーマ:ルアーフィッシング - ジャンル:趣味・実用

ルアーフィッシング | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ルアーマガジン・リバー8月号~スピナー利用者は少数派なの?結構釣れるんだけどなぁ・・・。 | HOME | フェルト・スパイク底シューズ購入~盛夏の渓流などに流用予定>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |